nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

2013.11.28

説教ペンギン ノビテの【新将命氏講演会レポート】 

こんにちは、説教ペンギンのノビテです。
nobete%20up.jpg


今年も残すところあと1ヶ月ちょっと。早いっーーー!
やり残しなく新年を迎えねば!と、ちょっと焦ってきております(汗)



さて、先日行われたノビテクマガジン倶楽部主催の新将命氏講演会に
おいらも参加したので、みなさんに報告します!




まず、講演者の新(あたらし)さんの経歴を見て、


「おお、すごい経歴。超優秀な方なんだろうなぁ。難しい話だったらついていけないかも。大丈夫かなぁ…」


なんて勝手に思って、どきどきしていたおいら。

ところがどっこい、1分間に1個はギャグを挟んでくるのには驚いたと同時に、
うれしく、楽しく聞き続けることができました!


さすが人を惹きつけてきたトップだけあって、
ユーモアのセンスはおいらに匹敵する方です。ムフフ(笑)




講演の内容は、海外・日本に関わらず、勝ち続ける企業やリーダーの「原理原則」。
新さんの「人生を変えた一言」など、
語られるお話が全て経験から導き出されたものなので説得力が違うお話ばかり!!!


その中でもおいらが「そうだよね。」とアグリーしたのは、


(ちなみに社会人になって一番驚いた大人語がこの「アグリー」。
 上司が「アグリー出来ないね」と発言した時は、頭の中で「あぐり??昔の朝の連ドラ??何???」
 ってなったもんだ。それをこうスマートに使えるようになったとはおいらも大人になったもんだ、えへへ)




「リーダーは肯定でなければならない!」



というお話。リーダーは部下の提案、アイデアに対して、まずは



「とりあえずYES」

「おもしろいね」



という肯定の姿勢が必要である。
ところが海外、日本に関わらず、上司のほぼ9割が、


「結果が見えない」
「初期投資がかかる」
「面倒くさい」


など様々な理由から「とりあえずNO」の姿勢をとる


リーダーは、


1.Warm head

2.Cool head


の順番でなければならない。


「逆じゃないよ! リーダーには、夢と理想と好奇心がないとね」


というお話でした。


お話を伺って思ったのは、

人・事業の可能性を潰すのは簡単。「とりあえずNO」って言っておけばいいのだから。

上司は、自分の頭の良さを証明するために粗探しちゃダメ。
ダメ出しすることだけが成長に繋がるわけではないのだ。

部下を応援し、成功させて、成長させる。そのために、部下の意見を聞いたら「とりあえずYES」。

たったこれだけのことで、出来る1割に入ることができるのだ。まずは、「とりあえずYES」。



ということ。


今日から、いや、今すぐ実践できることだと思ったので、
よし、おいらも「とりあえずYES」。

みんなも「とりあえずYES」を実践してみよう!



「YES、WE CAN!」



と、とても前向きになれた講演会でした。

今度の講演会も楽しみだなー!







そ、それにしても、YES、WE CANは、古い…古過ぎるか???(冷汗)

投稿by ノビテクBlog管理人

2013.11.20

新 将命氏 講演会が行われました。

先日、ノビテクマガジン倶楽部主催の講演会が行われました。


講演内容は、新 将命氏による
『“変化への対応力を持つリーダー”の育成』についてです。

s-IMG_5716.jpg


たくさんの方々にご参加いただき、お陰様で大盛況の講演会でした。
ご参加いただきました皆様、誠にありがとうございます。

講演会当日の様子などについて、Facebookなどでもご紹介いたします。
ぜひそちらもチェックしてみてください!!

投稿by ノビテクBlog管理人

2013.11.12

本日はノビテクマガジンの講演会です!

本日は、ノビテクマガジン主催の新将命氏の講演会です。

みなさまにお会いするのを楽しみにしております。

s-atarashi.jpg

投稿by ノビテクBlog管理人

2013.11.07

ノビテク講師おすすめ書籍『ザックリ会計力―今度こそ苦手な数字を克服できる』

バンダイナムコゲームスと共同開発した、ノビテクの新商品
「Zaim B/S・P/Lラーニングボード」


製作にあたり、個人的にもいろいろと財務について研究しました。


その中で、これはすごい!!!

という本をノビテクの講師より紹介していただき、
とても読みやすかったので、ブログでご紹介したいと思います。



『ザックリ会計力―今度こそ苦手な数字を克服できる』
西山 昌彦  幻冬舎メディアコンサルティング



用語とかが難しい・・・なかなか覚えられない・・・。
そんな方におすすめです!

また、とってもわかりやすい内容なので、
教え方が難しくて困っている、という講師の方にもぜひ!!



ようやく、勉強の秋!っぽいものが紹介できました。笑

なにがどうすごいのか?!…内容の詳細に関しては、次回ちらっとご紹介いたします!!

投稿by ノビテクBlog管理人

2013.10.18

お悩みQ&A : 「かしこまりました、承知しました、了解しました」どれが良いの?


文章を作成していて、わからなくなったので教えてください。

メールの返信などで、
「承知しました」 と 「かしこまりました」 はどちらがいい(丁寧な)表現なのでしょうか??


「了解しました。」…は、使ってはいけないと先輩に教わったことがあるので、
使用してはいけないんだな…となんとなく分かってはいます。
(電話で言っていたら、目上の方には失礼にあたるので、使うな!と怒られました…)


でも、そう思うと、「承知しました」は
なんか失礼なような?失礼じゃないような?


色々と調べてみると、

承知しましたの丁寧な言い方は、「承りました」とも出ていて、
メールの返信などで、相手に対して「承知しました」と返信するのは失礼なのかな?

…と調べれば調べるほど分からなくなってしまいました。



メールや電話などで、色々な方とやりとりしていると、

了解しました。
承知しました。
かしこまりました。

など、色々な返信をみかけるのですが…

どれが、どういいのでしょうか??


分からなくなって、頭がこんがらがっているので、この機会に教えてください。

よろしくお願いします。

==================================================

A:

上司からの仕事の依頼や、お客様からの依頼に対しての返信や返事、
どう応えていいか難しいですよね。


また、確かにみなさん色々な言葉を使っていますから、
ますます混乱してしまいますよね。



まず、言葉の丁寧さから説明します。

かしこまりました、了解しました、承知しました

この3つを丁寧な順に並べると、
上の「かしこまりました」が一番丁寧な言い方になります。


かしこまりました

承知いたしました

×了解いたしました


了解は、上司が部下に用いる言葉ですので、使わない方がいいでしょう。
(先輩が使用しないように怒った理由は、そういうことだと思います)


承りましたは、「たしかに承りました」などと使いますが、
一般的には「かしこまりました」を使用した方が良いです。


また、「了解しました」と同じく、「なるほどですね」という言葉を
使用している人も、要注意です。
今後は、なるべく使用しないよう気をつけましょう。



これで頭がスッキリして、仕事に集中できるといいですね。

投稿by ノビテクBlog管理人

前の5件 17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27