nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

2007.07.31

第18回ノビテク倶楽部

7月のノビテク倶楽部は、「演技力を磨く」でした。
「生き生きとしたコミュニケーション手段」をマスターするためにプロの役者である内山厳先生と林成人先生にご指導いただきました。

内山厳先生は実は研修講師でもあり、ノビテクの新人研修などで熱く語るその話しっぷりが、大人気の先生です。

内山厳先生

林成人先生

さて当日は、全員で息を合わせて同時に立ち上がる練習から始まり、感情を込めて相手の名前を呼ぶ、
「あなた」「私」「たぶん」という台詞だけで感情を込めて会話する、
8人のノンバーバルコミュニケーションを観察して、ステータス(地位、階級の上下関係)を見抜く、
など演技力をアップすることで感覚を開き、発想力を刺激する演劇エクササイズをたくさん体験いたしました。

練習中です

名優のやりとり?

最初こそ、少々照れながら演じていたノビテク倶楽部会員の皆様でしたが、あっという間に役者になりきり、その演技力の高さには脱帽でした。
ほんと、ビックリしました!!さすが!!

やはり私たちビジネスマンにとって演技力は必須のスキルです。
その場に応じて求められている最高の自分を演じきる、相手の期待に応える、そんなビジネスマンになりたいなあと実感した1日でした。

投稿by ノビテクBlog管理人

2007.07.24

第一回社員旅行を開催しました!

引っ越しや8月からの研修準備に追われつつ、
隙をついて2泊3日の社員旅行で下田方面に行ってまいりました。

初日はキャンプで「チームビルディング」。
2日目は高級旅館の支配人に「おもてなしの心」とは
というお話を伺う社員研修旅行です。

キャンプでチームビルディング
高級旅館清流荘支配人によるおもてなしの心


・・・というのは建前で。

楽しいことや、イベントが大好きなノビテク。
社員旅行もいろいろなイベントを組み込みました。
「旅行のしおり」もばっちり作成され、
みんな大興奮で、仕事もハイテンション気味でした。

そして迎えた初日の夜は、チーム対抗「キャンプ料理対決」!
なんと、食べることすら危険と思われていた男性チームの"豚汁"が
若手女性チームの美味し~い"生春巻き"と、
大人の女性チームのチーズたっぷり"ポテト焼き"をおさえこみ、
見事!優勝となりました。
ノビテク 男の料理優勝作品 豚汁です


2日目は高級旅館の「清流荘」に宿泊しました。
到着後、支配人にインタビューをさせていただいたあとは
夕食をいただきながら、旅行裏プロジェクトによる
サプライズで大盛り上がり~。

サプライズは若手スタッフが文字通り東奔西走しながら
多くの方にご協力いただき、大林へのメッセージを
ビデオレター形式にまとめた力作です。
熱いメッセージに、鬼の目にも涙かな?の大林でした。

単身、愛車のハーレーで参加した渡邉が走るときだけ
雨が降るなどの些細なトラブルはありましたが、
誰一人病気も怪我もせず、
お蔭様で無事に旅行を終えることができました。

旅行前も日ごろから仲の良いノビテクではありましたが、
今回の旅行を通して、ますます結束が高まったように思います。
この明るく、伸びやかなチームワークは、
研修現場を通じてお見せできると思いますので、
皆様、どうぞお楽しみに!

清流荘での記念写真

投稿by ノビテクBlog管理人

2007.07.17

やれる気の達人「一色令子さん」インタビュー後記

ノビテク社長のひとり言

日曜日の午前中、ナレーターの一色令子さんのやれる気の達人インタビューをノビテク事務所でさせていただいた。
「言葉の職人」はアナウンサー出身で、ナレーターの仕事を中心に、自らのラジオ番組を持ちながらフリーの立場で活躍している。小柄ながら存在感のある大きな瞳がとても印象的だった。


0715_01.jpg


まだ、お会いするのは二度目なのに、なんとなく昔から友達だったようなそんな錯覚さえ感じてしまうほど、気さくで、フレンドリーな方である。
聞き手は、もともと一色さんと友人であった弊社の早川優子が担当したので、最初こそ少し緊張気味な一色さんであったが、次第にリラックスした雰囲気の中で、インタビューは進められた。


0715_02.jpg


私からみて、一色さんの魅力を一言で言うなら「ギャップ」である。
アナウンサー出身というと、一見華やかで近寄りがたいイメージがあるが、謙虚な態度と物腰の柔らかさがとても話しかけやすいのである。また、自信なさげに、謙遜しながら話す体験談は、そんな話し方とは裏腹に、情熱的で破天荒なのである。
仕事に対する姿勢でも、穏やかなイメージからは想像できないほどこだわりとプロ意識が感じられる。
この小柄で、穏やかなかわいらしい女性のどこにそのような「バイタリティと情熱」が潜んでいるのか不思議な感じが好いのである。
短い時間のインタビューであったが、すっかり一色さんのファンになってしまった。

そんな一色さんは現在、USENで番組を担当されている。

http://www.selfstudy.biz/

ご興味ある方は、是非、番組をお聞きになってはいかがだろうか。


0715_03.jpg


一色令子は、まさに「職人」であり「やれる気の達人」である。

投稿by ノビテクBlog管理人