nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

2014.02.10

文京区ワークライフバランス推進企業として表彰を受けました

2014年文京区より、ワークライフバランス推進企業として表彰いただきました。

本当にありがたいことです。
ありがとうございます。


sIMG_5807.jpg


bunkyo-3.jpg

これからも、ノビテクに関わっていただけるみなさまが、

「ノビテクっていいよね!」

と言っていただけるような企業を目指します!!


今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿by ノビテクBlog管理人

2014.01.27

『幸福』のパラダイム転換

リトルノビテが「2014年はどうしたい?」と聞くので「進むよ!」と答えたノビテです。

進むために、新年早々、色々な「場」に顔を出しています。
この前は、日本の人事部さん主催の「プロフェッショナル・ネットワーク」に参加してきました。
非常に素敵なイベントでしたが、その中でも人事コンサルティングの第一人者、川上真史さんのお話はためになりました。

正確に記録していたわけではないので、あくまでノビテの記憶によるとで受け取っていただきたいのですが、川上さん曰く、


『「幸福」のパラダイム転換が起こっています。過去の幸福のパラダイムは、


《苦労して苦労して、努力を積み重ねる》そして《やっと成功を掴み取る》その結果《幸せになる》


というもの。ところがポジティブ心理学の調査の結果によると、


《そもそも幸せ》だから《成功確率が増え》そのことが《さらなる幸せ》に繋がる』


らしいのです。幸せになるためにしんどい事をする必要はなく、まさに『今』、自分の気持ちを切り替えるところから幸せが始まり、それが更なる幸せに繋がっていくのです。しかも、幸福感と業績には正の相関関係があるらしいので、企業でも従業員満足度から従業員幸福度の向上に繋げていくことが求められるであろうとのことでした。


「若い時の苦労は買ってでもせよ」
「石の上にも三年」


という言葉は一面では真理ですが、過去の幸福のパラダイムで捉えている人はこれからの時代、要注意ですよ!
そんな上司の下では部下が離れていき、業務目標の達成も危うくなりますよーーー

そんな人は、まずは「最近あった良かったこと」、「感謝する人」、「なぜそう思うのか」を振り返ってみると《そもそもの幸せ》を感じられるかもです。
Let's try!


投稿by ノビテクBlog管理人

2014.01.23

電子メールの日

おはようございます。
昨日の夜は、関東都心でも雪がちらついたところがあったみたいですね!!
寒いです。

ところで今日(1月23日)は電子メール日だそうです。
「1(いい)23(ふみ)」(いい文・E文)の語呂合せ。
電子メールはいまや1日2億通以上のやりとりが行われているそうです。
すごい数ですねーー。
でも日本の人口で割ると一人2通の計算。。。
仕事・プライベート合わせると結構な数毎日送る人が多いと思うので、
そう考えると少ないのカナ??

自筆の手紙も、書く人の味が出てとってもいいですが、身近なメールを使って、
大切な人に普段なかなか伝えたれない感謝など送ってみてはいかがでしょうか。

s-tegaminobete1.jpg

投稿by ノビテクBlog管理人

2014.01.22

のびる(成長する)大要素 のびる人(成長する人)が持っているモノとは?

教育研修の会社ノビテク。

新入社員研修や、管理職研修など、
人材育成についてお客様とお話しているとよく聞かれる言葉があります。


そのうちの1つが

『のびる(成長する)人の要素ってなんですかね?』

です。




会社で、タレントマネジメントのシステムなどを導入していると、
そういった人の能力なども簡単に分析できるようになっているようですが、
まだそこまで浸透していないようです。


そして、会社としてハイパフォーマーの定義がしっかりしていて、
分析が明確になされている企業なら、わかりきったことだと思うのですが、
ほとんどの企業において、そこまでできていないのが現状です。

だからこそ、良く聞かれることなんだと思います。

で、のびる(成長する)要素は?と聞かれた時は、
この3つを挙げています。


素直

前向き

勉強好き


この3つを兼ね備えている人は、必ずのびます。

もし、もっともっと成長したい!!と思っているのであれば、
日常でこの3つを意識して行動するようにしてみてください。


投稿by ノビテクBlog管理人

2014.01.20

本の紹介 「すらすら経営分析」

年が明け、正月ボケも抜けてきて、いよいよ今年も頑張るぞ!っときがつくと。。。
1月も4週目に入ってしまいました!!


さて今回は、社長の長年のご友人である
鶴岡和彦さんの著書 「すらすら経営分析」をご紹介いたします。


s-__%201.jpg
「すらすら経営分析」  鶴岡和彦著


経営分析と聞くと、

会社の代表(社長)がするものでしょ?

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。


こちらの本は、経営分析がなぜ必要で誰が実施するのかという分析の目標から始まり、
財務諸表の基本的な構造が解説されていますので、苦手な方でもとっつきやすい内容でした。

また、読み進むにつれて内容が深堀されていくように構成されているので、
気がつくと難しいところも理解できるようになっている!!

そんな素敵な本でした!!

これを熟読した今、この瞬間は、
社長よりも詳しく経営分析できるかも?!しれません。笑



経営分析は苦手…という意識がある方には、ぜひおすすめの一冊です。

みなさまも是非☆

  

投稿by ノビテクBlog管理人

前の5件 12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22