nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

2007.08.27

やれる気という思想

8月20日発行のラプライズには、
何と、連載のほかに大林のインタビュー記事も
掲載していただきました。

テーマは「やれる気という思想」。
見開き4ページでお伝えします!

page1-2
page3-4

なぜ「やる気」ではなく、「やれる気」なのか。
研修を通じて伝えていきたい思いを大林が語ります。

弊社のイメージキャラクターである説教ペンギンの
誕生秘話もご紹介しています。

投稿by ノビテクBlog管理人

2007.08.27

コラム第5弾!

おかげさまで株式会社ラプターさま発行の
エネルギーチャージマガジン『ラプライズ』に、
弊社代表取締役 大林伸安がコラムを連載させていただき
第五回目の記事となりました。

8月20日発行のコラム「やれる気ドーパミン」、
連載 第五回は、「一枚の葉書」です。

記事詳細はこちらから(ラプターさんのサイトが開きます)
☆ラプライズは、偶数月20日発行、タワーレコードなどのCDショップ、ライブハウス、フットサルコートなどで配布中です。

投稿by ノビテクBlog管理人

2007.08.17

リーダー向け研修も熱い!

この8月、ノビテクは全国7会場でリーダー向け研修の
お手伝い中です。

いつもは新入社員研修の事務局を担当させていただくことが
多い私ですが、今回は久しぶりに中堅層向けの事務局を
させていただき、多くの刺激を受けてきました。

今回の会場では、25歳をはじめとする若手リーダーたちが
中堅層と積極的にさまざまな意見を交わしています。

「魅力のあるリーダーは、Vision を見せることができる」

どうやったら、きちんとチームを導くことができるのか。
一つ一つのタスクに対して、なんのために?どうやって?と
チームの目線から洗い出していきます。

事務局の私は、後ろに座って皆さんのやり取りに耳を澄ませる
だけですが、各テーブルから聞こえてくる言葉の端々に、
チームを思う心の溢れることに感動して、
胸が熱くなるのを感じます。

「リーダーは孤独だ」
誰がこんな言葉を言ったのでしょうか。
今、私の目の前に居るリーダーたちは、
皆、熱くて、優しくて、笑っています。
こんな素敵なリーダーが上司だったら、
チームは嬉しくて仕方ないはずです。
その職場は活気と笑いがあふれているはずです。

新入社員研修運営で一番どきどき、わくわくするのは
(皆、どんなに素適な社会人になっていくんだろう)と、
彼らの一年後、二年後をイメージする時です。

リーダー研修の運営では、
(ああ、このリーダーたちのもとなら、チームは本当に
元気に育つんだろうな)と、その職場をイメージすることで
どきどき、わくわくする自分に気づいた一日でした。

やっぱりこの仕事は最高です!

投稿by ノビテクBlog管理人

2007.08.13

やれる気の達人インタビュー後記

ノビテク社長「大林伸安のひとり言」 
今回のやれる気インタビューは、ノビテクのHPや研修テキスト制作でいつもお世話になっている、安永成隆氏にお話を聴かせていただいた。安永氏は株式会社ラプター常務取締役であり、今話題のフリーペーパーマガジン「ラプライズ」の編集長である。
ご存知の通りラプライズには、私のコラム「やれる気ドーパミン」も連載させて頂いている。
安永成隆氏

ラプライズ:http://www.raprise.net/

安永さんが生み出す作品(企画)には常に遊び心があり、ワクワクする期待感がいつもあふれている。安永さん自身、デザイナーというクリエイティブな職人気質の仕事から始まり、営業から企画、運営などデレクションという全体をまとめるマネジメント的な仕事へと、変わっていくのだが、その意識の転換など、是非、これからクリエイティブな仕事に携わりたいと考えている若い人たちに聞かせてあげたい。ためになる、かつ面白い話が聞けた。
安永成隆氏


デザイナーという職人としての誇りと、ビジネス人としての絶妙なバランスが、安永さんの魅力である。その魅力はノビテクでお願いしている様々な作品にも表れている。こちらの要望をきちんと聞いてくれ、さらに、こちらが期待している以上のアイデアとアウトプットを出してくる。彼はまさにやれる気の達人である。

投稿by ノビテクBlog管理人

2007.07.31

第18回ノビテク倶楽部

7月のノビテク倶楽部は、「演技力を磨く」でした。
「生き生きとしたコミュニケーション手段」をマスターするためにプロの役者である内山厳先生と林成人先生にご指導いただきました。

内山厳先生は実は研修講師でもあり、ノビテクの新人研修などで熱く語るその話しっぷりが、大人気の先生です。

内山厳先生

林成人先生

さて当日は、全員で息を合わせて同時に立ち上がる練習から始まり、感情を込めて相手の名前を呼ぶ、
「あなた」「私」「たぶん」という台詞だけで感情を込めて会話する、
8人のノンバーバルコミュニケーションを観察して、ステータス(地位、階級の上下関係)を見抜く、
など演技力をアップすることで感覚を開き、発想力を刺激する演劇エクササイズをたくさん体験いたしました。

練習中です

名優のやりとり?

最初こそ、少々照れながら演じていたノビテク倶楽部会員の皆様でしたが、あっという間に役者になりきり、その演技力の高さには脱帽でした。
ほんと、ビックリしました!!さすが!!

やはり私たちビジネスマンにとって演技力は必須のスキルです。
その場に応じて求められている最高の自分を演じきる、相手の期待に応える、そんなビジネスマンになりたいなあと実感した1日でした。

投稿by ノビテクBlog管理人

前の5件 118  119  120  121  122  123  124  125  126  127  128