nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

2008.09.02

ノビテク倶楽部:顧客視点を映像ツールで学ぶ

%E6%98%A0%E5%83%8F%E3%83%84%E3%83%BC%E3%83%AB.JPG


8月21日のノビテク倶楽部では、
大林社長による「顧客視点を映像ツールで学ぶ」でした。

ノビテクの研修の特徴のひとつに
映像を使った教育があります。
研修中にVTRを流し、そこからいろいろな学びや気づきを得るのです。
ちょっと、昔の道徳の時間を思い出します。

今回のノビテク倶楽部では
CS(顧客満足)を学ぶ映像「林家の想い出」を使って、
グループごとに企画をしてもらいました。
最後にはキャストの登場というサプライズもあり
みなさん、とても楽しんでいただけたようです。

▼▼▼以下は参加者の方の感想です▼▼▼

よかったですよ~。「林家の想い出」
おもしろかったです!!

満を持してみんなで作った企画がひっくり返されるところや、
「豊橋の八百屋・リヤカー」という設定、
シナリオがちょっと読めたラスト、いずれも「来た~!」という感じでした
(ラストには泣きそうになっていた方もいましたよ)。
キャストの方も、実際に何人か来られてて面白かったです。

研修のねらいも、大林社長が解説してくださいました。
特に、楽しかった経験を思い出して、企画を考えることが、
顧客満足につながるのだという点、なるほど!と思いました。
こんな研修に関わってみたい!と思いました。

今回も新しい方とのご縁もいただけてよかったです。
あの場に行くと、元気になれますね!!
来月もノビテク倶楽部、楽しみです。

(Tさんより)

投稿by ノビテクBlog管理人

2008.08.22

夏休みラッシュ!

20080822170633.jpg
20080822170704.jpg

ノビテクでは、7月から9月までの間に夏休みが5日間付与されます。
日程は自由に取れるので、みんなそれぞれに予定を立てて有意義に活用しています。
既に何人かの人は夏休みを取って、実家に帰ったり、海外旅行したりしてきました。
だから、共有デスクの上にはいつにも増して
各地の美味しいお土産が並んでいます。
写真は社内で大人気のお土産品です♪

あわじ「大江ののり」
大下君から。
最高に美味しい味付け海苔です!
是非これはオススメ!!

もう一方の写真はセブ島のオタップクッキー
味は「うなぎパイ」のような感じ。
こちらも同様にオススメです。
機会がございましたらご賞味ください。

投稿by ノビテクBlog管理人

2008.08.11

女性研修

先週、FUJITSUファミリ会主催「女性のためのスキルアップ研修」で
高松に行ってまいりました。
四国へ行くのは初めて!
たまには出張もいいものです♪

といっても、私は残念ながら最終便で往復したので
のんびり観光する間もなかったのですが、
先に営業担当の遠藤が高松入りして、
先方担当者と飲みに行きました。(夜の営業!?)

今回は女性のみが参加する研修でしたので
私も女性の一人として、情報交換できることを
楽しみにしておりました。


さてさて、四国の女性の印象はというと、、、

最初は控えめ、おとなしいめで、
う~ん、私の駄洒落も空回り・・・。

しかし、午後になると、徐々にパワーアップ!
グループ討議でも積極的に自己開示してくださりました。

講師の話にも笑ったり泣いたり、、、
感受性の豊かな素敵な女性が多いなあと思いました。

アンケートも「楽しかった!」「こんな研修なら何度でも受けたい!」
と好意的な意見が多く、良かったです。

これを機会に四国制覇めざしてがんばるぞ!

なっちゃん、また行こうね!(←営業の遠藤のことです)

投稿by ノビテクBlog管理人

2008.08.01

ビィ・ステーション15周年記念パーティー

先日、ノビテクのパートナー会社である
株式会社ビィ・ステーションの設立15周年記念パーティーに
出席してきました。

ビィ・ステーションは、設立当時、私も取締役の一人として
参加した会社です。
また、ビィ・ステーションという社名も自分が考えたものであり、
心境としてはふるさとのお祭りに帰省した気分です。
会社を15年続けるということは、それだけで大変な事だと思います。
江尻社長、本当におめでとうございます。

いつしか、ノビテクでも設立何周年記念パーティーなるものが
できたらいいなと思います。

15周年パーティー


左から 中農常務、ビィ・ステーション江尻社長、私、永野取締役

投稿by ノビテクBlog管理人

2008.07.22

ご一緒研修

こんにちは。
講師の早川優子です。

ノビテクでイチオシの研修に「ご一緒研修」というものがあります。
誰と誰がご一緒かというと、OJTトレーナーとトレーニーです。

先日もある会社でこの研修を行いました。
途中トレーナークラスとトレーニークラスに分かれるので
講師の私たちも二人一組、ご一緒なんです。(しかも大林社長と)

今日この場からOJTをスタートさせてしまおうというのが狙いです。

この会社はトレーナーといっても2年目の先輩が中心で、
ついこの前まで新人だった人たちでした。
2年目になり、後輩が入ってきて、急に育成指導をしろといわれても、戸惑うことも多いでしょう。
でも研修中の二人(トレーナーとトレーニー)の様子を見ていると、お互いに本当にうれしそうでした。
先輩は少し背伸びして、誇らしげに後輩を指導し、
後輩は素直にうれしそうにうなずきながら話を聴いていました。
最後の後輩の感想でも、「先輩といっぱいしゃべれて楽しかった」「今日はうれしかった」「がむしゃらに頑張りますから宜しくお願いします」などと、前向きな意見ばかりでした。


そんな二人の様子を微笑ましく見ていて思いだしたのが、
私の新人の頃。
私が研修を終え、部署に配属された初日の出来事です。
たぶん、今までの長いビジネス人生の中で最も心に残っているシーンのひとつです。
私のトレーナーは1つ年上の女の先輩でした。
当時は相当お姉さんに思えたけれど、今思えば1年しか違わなかったんですね。
その先輩が、配属初日に私を各部署に連れてまわってくれ、
1時間以上もかけていろんな人に紹介してくれました。
各フロアーにいる取締役の偉い人から、郵務や警備のおじさんまで。
私が今後会社で顔を合わせるであろう人たちほぼ全員です。

その先輩が、とてもうれしそうに、そして本当に大切に私を扱ってくれました。
「今年うちに来た新人です。困っていたらどうぞ助けてあげて下さい。」
「一生懸命、大切に育てたいので、どうぞよろしく!」
と、一人一人に頭を下げてくれました。
心から私を歓迎し、スペシャルな存在として大切に大切に扱ってくれたその姿が、
涙出るほど私はうれしかった。
それまでの不安な気持ちも一気にかき消されました。
「私は望まれてこの部署に来たんだなぁ」
「その期待に応えられるように精一杯頑張ろう!」と心から思いました。

もちろん、その先輩と社内の人との関係性にもビックリしました。
2年目にして取締役のような年配の偉い人とも冗談など交えながらフランクに話し、
郵務や警備員さんなど一見希薄な関係になりがちな人とも仲良しで、
その堂々とした様子に、「スゴイ!」と尊敬の眼差しを向けました。
こんなにすばらしい人の下で働けるなんてうれしいし、安心だと思いました。
私も来年にはあんなふうになれるのだろうか?とワクワクしました。
今の私があるのも、その先輩のお陰だとすら思っています。

部下は期待されれば期待されたとおりの人になろうと思うし、
大切にされればそれに応えようとがんばります。

今でもその日の様子や感動が鮮明によみがえってきます。
その日のワクワクドキドキ感はいつまでも忘れられません。

投稿by ノビテクBlog管理人

前の5件 115  116  117  118  119  120  121  122  123  124  125