nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

2009.07.30

自治体ご担当者様向け無料セミナー『EQの観点からみたメンタルヘルス』

本日、ノビテクでは、
自治体ご担当者様向け無料セミナーが実施されました。

内容は『EQの観点からみたメンタルヘルス』です。

s-20090730muryousemina1.jpg


たくさんのお客様にご参加いただきました。
みなさま、お越しいただき誠にありがとうございました。


ご参加いただいたお客様からは、
・今まで産業スタッフで研修を実施していたが、専門的な内容に
 なりがちで、なかなか効果が得られにくいと感じていたが、
 今回のEQの観点からみるメンタルヘルス研修は、分かりやすく、
 とても良いと感じました。
・EQを体験したのは初めてだったが、とても分かりやすく、
 もっとプロファイリングしていただけたら!と思うぐらい、
 面白い研修でした。

というお声をいただきました。ありがとうございます。


EQ(Emotional Intelligence Quotient:情動指数)の値は、
“開発可能”で、一生の間を通じて不変なものではなく、環境や
遺伝の双方の影響により、上がりもすれば下がりもするとのこと!


EQを構成する諸要素(自己認識力、ストレス共生、対人関係力、
対人受容力等)を自ら開発していくことにより、
「心とからだの健康」を自己管理していきましょう!


この無料セミナーがみなさまの良いきっかけになれば幸いです。


s-20090730muryousemina2.jpg


さて、次回の自治体ご担当者様向け無料セミナーは、
9月に開催いたします。ぜひご参加くださいませ。

9月の内容は、『ホスピタリティ・マナー研修』です。

接遇において最も大切なことは、
応対者に「おもてなしの気持ち」があること。
そしてその気持ちをきちんと表現できること。

ホスピタリティ・マナー研修では、
基本的な接遇スキルの習得を目的とした研修とは違い、
実際に職場で起こりうる状況を想定し、
その対応を実践することを取り入れております。

「接遇研修を実施していても効果が長続きしない」
「接遇研修を実施していてもクレームが減らない」
などのお悩みをお持ちの方にお勧めです。



お申込みはこちらよりお願いいたします。


みなさまのご参加を、社員一同心よりお待ちしております。

投稿by ノビテクBlog管理人

2009.07.29

研修講師に聞く!滑舌(かつぜつ)を良くするコツ

なにかと、人前でお話しする機会が増えたノビテクでは、
セミナーの司会などをしている時に、噛んだりしてしまうと、
その後1週間はそれをネタとしてからかわれたりします。笑


そんなことにならないために!!
いつも講義で滑らかに、優雅に話をしているプロ!
講師のみなさんに、滑舌を良くするコツを聞いてみました。


滑舌悪くても困らないし。。。
という方もいらっしゃると思いますが、
でも何事も悪いよりは、良い方がいいですよね♪


聞いたところによると、どんなに滑舌が悪くても、
ある一定のレベルまでは練習すれば滑舌は良くなる!そうです。

日々努力して、
「話の内容が明瞭に理解できるような発音」を手に入れましょう♪

継続は力なりです!!


顔の筋肉を鍛えて発音を良くする!
割り箸を口にはさむ→その状態で発音(会話)する

この状態で会話すると、顔全体の筋肉を使わないと、
会話ができないので、顔の筋肉が鍛えられるそうです。
(顔の筋トレのようなものとのこと)


話す時に気をつける!
内容を意識しながら話すようにする

言葉の意味を理解、意識して、はっきり話すようにする
例:(早口言葉)お綾やおかあさまにおあやまりなさい
  →お綾や お母様に お謝りなさい

早口言葉など、言葉の意味がわかっていないから、
発音できていないことが多いとのこと。
言葉や単語などを意識するだけでも、かなり違うみたいですよ。


呼吸方法を見直す、腹式呼吸にする!
「すーっ」と言いながら10秒間で息を吐く

滑舌が悪いことは、呼吸方法が間違っている、
息の瞬発力がないということも関係しているので、
呼吸方法などを治すと良くなるとのこと


さて、これらを実践して、果たして効果があったのか!?どうか?!
については、ノビテクのセミナーにお越しいただき、
ご自身の目で!耳で!確認してみてくださいませ。

投稿by ノビテクBlog管理人

2009.07.28

研修講師に聞く!アガらないコツ

最近、無料セミナーなどを実施しており、
なにかとみなさまの前でお話しする機会が増えてきたノビテク社員。


知っている人がいても、いなくても、
人前でお話しすることはとても緊張しますよね。


社員研修や講演などを実施しているノビテクでは、
人前でしゃべるプロ!こと講師の方々が沢山います。


ということで、人前で話をするときに、緊張しない、アガらないコツ!
をこっそり何人かの講師に聞いてみました。


●「自分はあがらない、あがるはずがない」とマインドコントロール
 (自己暗示する)
●他のあがっている人をみて、リラックスする
●プレゼンなど、聴衆の前で話をしている最中は、好意的な人(サポーター)を探す。
●知らないもの=緊張につながる
 知らない場所、知らない機械、知らない人など、事前に知らないものの数を減らしておく
●スイッチを入れる決まっている行為をみにつける、もつこと。
 (アンカリンク:イチローのバッターボックスに入る前の動作のような、儀式的なようなもの)
●開始2時間前にたまご料理を食べる(緩和作用がある)
●手足をブラブラ振る
 (オリンピック選手も試合前にやっている行動。この行動で緊張を飛ばしリラックスさせる)


いろいろと対策を伺いましたが、なんと!
日本人は緊張する遺伝子を持っていてアガる人が多く、
反対に欧米人はその遺伝子を持つ人が少ないらしいです。

日本人のアガり症は根っからのものなんですね。


そんな日本人は、たまごを食べて少しでも欧米化が必要!?笑


みなさんも、自分でもできそうだな!と思ったものがあったら、
ぜひ実践してみてくださいね。



ちなみに、私のアガらないコツ?アンカリンク?ジンクス?は、
「一番最初の言葉を大きな声で言う」
「開始前にお腹が痛くなる」
という2つです。あまり役にたたないですね。笑

投稿by ノビテクBlog管理人

2009.07.27

8月ノビテク倶楽部 受付開始!

じめじめの雨も終了し、夏本番!という感じですね。


本日より、8月26日開催のノビテク倶楽部の
申込受付を開始しました!


8月は、株式会社しごと総研 山田講師による、
ねんどを使って右脳をトレーニングするという、とても珍しい内容です。


ねんどなんて、学生時代(小学校とか)以来という方も
多いのではないでしょうか?


今回のセミナーでは、ねんどを使用して、
自分の感じたことを、うまいへたにこだわらず、『かたち』にしてみる。
そうすることで、自分が何を感じているのかに気がついたり、
相手にどんなことを感じ、何を伝えたいのか? が明確になる。
というセミナー内容です。


どんな内容か気になるっ!という方は、
ぜひ、株式会社しごと総研様のHPをご覧くださいませ。


かくいう私も楽しみです!
お申込みお待ちしております!


◆ノビテク倶楽部は、会員限定のセミナーです◆

投稿by ノビテクBlog管理人

2009.07.24

e-Learning Worldの詳細?!

e-Learning World2009に向けて、
社内ではコンテンツ作成に追われています。

今日は、そんなてんやわんやの現状をちょっぴり公開!


撮影風景です。
緊張の面持ちの面々ですね!

%E5%85%A8%E4%BD%93.jpg

%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%A8.jpg


s-%E7%84%A1%E9%A1%8C.jpg

投稿by ノビテクBlog管理人

前の5件 106  107  108  109  110  111  112  113  114  115  116