研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第4章 言葉にして「想い」を明確に伝える【6】部下への期待をきちんと伝える

できる部下を育成するには「期待をきちんと伝える」

管理職やマネージャーの仕事は、チームや部下に成果をだしてもらうことです。部下の業務やモチベーションをマネジメントするには、業務指示に加え、期待を伝えることが肝要です。目指す方向への役割期待を認識してもらい、さらに「期待されている」と感じてもらうことが部下のモチベーションを高めるからです。

目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本
第4章 言葉にして「想い」を明確に伝える【6】
「部下への期待をきちんと伝える」

部下への期待をきちんと伝える

部下への期待をきちんと伝えることは、とても大切です。理由は2つあります。

握手

1つ目の理由は、「役割と役割行動の不一致を起こさせない」ことです。

「役割」とは、それぞれが果たすべき職務のことです。一方、「役割行動」とは、その期待に応えた振る舞いを指します。これがピッタリと重ならないケースは、意外と多いのです。

ちょっと極端な例ですが、AさんとBさんが乗った船が沈没して、無人島に漂着したとしましょう。

そのとき、AさんはBさんに、内心「水と食料を確保して欲しい」と期待しました。一方、Bさんは寝る場所を確保しようと、必死で屋根つきの小屋をつくりました。

Aさんは、生き延びるためには水と食料が最優先だと考えたわけです。でも、Bさんは期待に応えてくれませんでした。そこで、大きな不満を感じてしまいます。

一方、Bさんも別にサボっていたわけではありません。生きるためには寝場所が大事だと考え、汗をびっしょりかきながら小屋を建てた。それなのにAさんに責められ、やはり不満を感じているのです。

これが、役割と役割行動の不一致です。

期待していることと、相手がとった行動にズレがあるため、互いに不満を抱えてしまうのです。この状況は、職場でもよく起こっています。

そこで、部下には常に、「お前にこういうことを期待しているんだ」と明確に伝えて欲しいのです。

昔から日本人は、「あうんの呼吸」を大事にしてきました。互いに見つめ合うだけで意志を通じ合わせるような関係が、美徳とされていたのです。

しかし、ビジネスの場で「言わなくても分かってくれ」と期待するのは、大きな間違いです。むしろ、「言葉にしなければ、何も伝わらない」と考えるのが正しいでしょう。

2つ目の理由は、「期待されている」ということが、モチベーションを高めるということです。

私が行っている研修では、「今のポジションで何を期待されているか考えてみましょう」という演習をよくやります。

あるとき、研修の受講者で「私は会社から期待されていません」と語る若手社員がいました。もちろん、モチベーションは最低。いつ辞めようかと考えているような状態でした。

経営者の立場から見れば、「期待をかけられていない若手社員」などいるわけがないのです。

社員を一人採用するためには、求人広告費や人事担当者の人件費など、莫大な費用がかかります。入社後は、研修費などのコストもかけています。さらに、サラリーマンの生涯賃金は2億円と言われます。いわば、社員の採用は超大型の投資なのです。 当然、会社としては成長して欲しいに決まっています。

それなのに社員側は、会社から期待されていないと感じている。ここには、大きなコミュニケーションのギャップがあります。

期待していることをちゃんと部下に伝えないと、部下のモチベーションは上がりません。

「自分はここにいてもいいんだ」「たとえ今成果を出せなくても、会社は私に成果を出して欲しいと考えているんだ」と思えることが、部下のモチベーションになります。

では、いつ部下にその期待を伝えるのか? 一番自然なのは、部下に仕事の指示をするときです。やる内容だけでなく、その仕事に対して部下に期待していることも伝えましょう。

役割と役割行動の不一致を起こさせないこと。そして、部下のモチベーションを上げること。そのためには、期待を言葉にして伝えることが不可欠なのです。

POINT やって欲しいことだけでなく、期待していることも伝える

 

次の記事はこちら
成熟度に応じて教え方を変える
第5章 部下に「成長」したことを感じてもらう【1】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

管理職向け研修一覧

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK