研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【6】公平な姿勢を見せる

公平な姿勢を見せる|第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【6】

公平な姿勢を見せる

管理職と言えども人間です。神様のように、全ての部下を愛するというわけにはいかないかもしれません。でも、全ての部下を公平に扱うことは、絶対に忘れないようにしましょう。

気に入った部下や、自分と同じ派閥・学閥の部下ばかりを大切にしていると、それ以外の部下は全員そっぽを向きます。その結果、チーム全体のまとまりは薄れ、パフォーマンスも落ちてしまうでしょう。

注意して欲しいのは、「公平」という言葉の意味をはき違えないことです。

荷が偏っているシーソー

例えば、大きな成果を出した部下と、成果を出せなかった部下に同じ評価を下すのは、「公平」ではありません。これは、「悪平等」とでも呼ぶべきものでしょう。

大活躍した人は、「こんなにがんばったのに、ボーナスも増えないし評価も高まらないのか」とがっかりしてしまうはず。一方、活躍しなかった人は、「大してがんばらなくても評価してくれるのか。ラッキー」と甘えてしまうでしょう。

大事なのは2点。

まずは、「公平にチャンスを与えること」です。お気に入りの部下に有利な取引先を振り分け、そうでない部下に難しい顧客を担当させるなどの差別をしてはいけません。全員のスタート地点が同じになるよう、気を配りましょう。

そしてもうひとつ大事なのが「公平に評価すること」。出した成果に応じて、ほめるべき点はほめ、注意すべき点は注意するようにしましょう。

ところで、部下の不満でありがちなのは、「仕事の分量が人によって異なること」です。

一般に、仕事は優秀な人のところに集まります。そのため、仕事のできる部下は他の同僚より多くの仕事を任されがちです。こうした傾向が続くと、優秀な部下は「他の同僚はヒマそうなのに、なんで私だけがこんなに忙しいんだ!」と不満に感じます。

一方、仕事が少ないメンバーも、「私は上司から信頼されてないのか?」とやはり不満を感じるものです。こうした状況を放置しておくと、チーム全体の雰囲気は悪くなります。しかし、だからといって全員に同じ仕事を任せるのは間違いです。

これも、先ほど申し上げた「悪平等」の一種。一律に同じ質・量の仕事を任せると、能力の高い部下は実力を発揮しきれませんし、能力が高くない部下は仕事をこなしきれずにつぶれてしまいます。

正解は、部下の状況・向き不向きに合わせて最適な仕事を与えることです。

それぞれが様々な形を持っている

優秀な部下には、彼にしかこなせないハイレベルな仕事を任せましょう。

そして、「あなたに多くの仕事を任せるのは、期待値が高いから。十分な結果を出せば、さらに高い評価をするよ」と伝えるのです。そうすれば、不満を感じることなく仕事に打ち込んでくれるでしょう。

一方、まだ実力が不十分な部下には、その人が無理なくこなせ、しかも実力を伸ばすチャンスがある仕事を与えましょう。

そして、「今は実力が伴っていないから、この仕事しか任せられない。でも、仕事を通じて能力を伸ばすチャンスは十分に与える。そして、いずれ力が身についたら、もっとハイレベルな仕事を与えるよ」と指導すればいいのです。

全メンバーに最適な仕事を振り分けるためには、自分のチームが抱える仕事を正確に把握することが不可欠です。

また、各自の得意分野、苦手分野もつかんでおかなければならないでしょう。その上で、公平に仕事を振り分け、公平にフィードバックを行う。そうした姿勢を見せていれば、部下は必ずついてきてくれます。

POINT 部下には、公平にチャンスを与える

次の記事は、後日公開いたします。

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

目次
目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK