研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【4】社内人脈を広げる姿勢を見せる

社内人脈を広げる姿勢を見せる|第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【4】

社内人脈を広げる姿勢を見せる

研修で、参加者に「部下から上司に望むこと」を聴くと、「他部署との調整」という答えが目立ちます。自分にはない社内人脈を持っている上司に、「俺が話をつけてやるよ」 と頼れるところを見せて欲しいわけです。

上司は部下に比べ、社会人としての経験が長いのが普通です。その分、社内外に豊富な人脈を持っていることでしょう。ですから、他部門と協力して働いている部下にとって、強力なサポートをすることが可能です。

では、そうした部下の期待に応え、社内人脈を豊かにするためにはどうしたらいいのでしょうか?

まず挙げられるのが、同期のネットワークをフル活用することです。

同期のネットワーク

あなたが管理職であれば、同期の人々も管理職になっているケースが多いはず。そのつながりを活かせれば、それだけで社内人脈を広げることができるでしょう。

管理職研修で他部署の管理職と交流したり、部門横断プロジェクトで知り合った人たちとのつながりを強化したりしてもいいでしょう。

もちろん、研修で知識を得たり、共同プロジェクトで大きな成果を生むことも大事です。しかし、それと同様に、たくさんの知り合いを増やすことも大事だと知っておきましょう。

こうして知り合った社内の人々に、「以前お世話になりました○○です」と話をつけにいけば、部下からの評価は一気に高まります。「ウチの上司はすごいなあ!」と、尊敬されるでしょう。

それに、そんな上司の姿勢を見ていると、部下も社内ネットワークをつくらなくてはと痛感するはずです。

同期のネットワークをつくろう、機会があれば他部署の人たちとコミュニケーションをとろう、という意識が芽生えます。すると、部門、あるいは会社全体のコミュニケーションが活性化するのです。

社内人脈を広げるきっかけとして、上司であるあなたの同期や社内人脈を部下に積極的に紹介するといいでしょう。

あなたの同期に「久しぶりだな。元気でやっているか?ところで、こいつは俺の部下なんだ。多分、そのうち世話になることがあると思うから、よろしく頼むよ」と紹介するのです。

経験の浅い部下は、社内人脈が不足していると自覚しているもの。そこで、上司が他部署の人を紹介してくれたら、それだけでうれしいものです。

仕事というものは、一人ではできません。特に、仕事の規模が大きくなるほど、たくさんの人の協力が必要になります。

逆に言えば、社内のネットワークが充実し、たくさんの協力が得られる人は、それだけ大きな仕事ができます。

プロジェクト

「この案件なら、○○部の○○さんに聴けばうまくいく」「この資料は○○さんに問い合わせれば探せるだろう」「あの部署には同期の○○がいるから、きっと手伝ってくれる」などのように、多くの人を巻き込んで成果を最大化できるからです。そして、上司のそういう姿を見て、部下も学習します。

ところで、人脈は一朝一夕で構築できるものではありません。 軽くあいさつをしたり、一度飲みにいったくらいでは、ただの「知り合い」というだけ。長い時間をかけ、じっくりと信頼関係を築くことで、はじめて人脈が築けるのです。 ここで大切になるのが、相手の役に立とうとする誠実さです。

よく「ギブアンドテイク」と言いますが、最初のうちは「テイク」を考えなくてもいいでしょう。最低でも、ギブ7、テイク3くらいの比率を目指すべき。相手が困っていたら、徹底的に与えればいいのです。

そうして相手のために骨身を削ることが、信頼につながります。そして、長い目で見れば、それこそが人脈を広げる最短の道なのです。

POINT 部下が仕事をしやすい環境をつくってあげる

 

次の記事はこちら
逃げない姿勢を見せる
第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【5】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

目次
目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK