研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第5章 部下に「成長」したことを感じてもらう【4】結果よりプロセスをほめる

部下の「挑戦する姿勢」を引き出すにはプロセスをほめる

結果を重視した働きをする部下。非常に頼りになります。しかし一方で結果=正解となってしまい、正解を得られない恐怖や失敗の不安が、挑戦の姿勢を失わせています。結果はもちろん大事ですが、結果の前には必ず行動があり、挑戦の姿勢がなければ、より良い結果を得ることが難しい時代です。これからは「プロセスをほめる」スタンスで、挑戦する部下を育成してみませんか?

目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本
第5章 部下に「成長」したことを感じてもらう【4】
「結果よりプロセスをほめる」

結果よりプロセスをほめる

社会人にとって、結果は大きな意味を持ちます。

例えば、どんなに会心のプレゼンができたとしても、顧客が契約を結んでくれなければ、売り上げはゼロ。会社には何の利益ももたらせません。

逆に、思わず頭を抱えてしまうような失敗プレゼンであっても、契約さえ取れれば売り上げが立ちます。まさに、終わりよければ全てよしです。

しかし、部下を指導するときは異なります。結果だけではなく「プロセス」も大事にして欲しいのです。

部下指導でプロセスを見ることが大事な理由

ある、2つのスポーツチームを対象にした実験をご紹介しましょう。

ABテスト

Aチームは、いい結果を出したときだけほめて育てるという方針を採りました。一方、Bチームはプロセスをほめる方針にしました。つまり、積極的なプレイをしたときは、 たとえ失敗してもコーチからほめられるやり方を採用したのです。

Aチームは結果を求めるあまり、プレイが消極的になりました。負けたくない、失点したくないという意識が先立ち、チャレンジする姿勢が失われたのです。その結果、長期的に見ると成績も落ちてしまいました。 一方、Bチームには積極的な雰囲気があふれ、チーム全体が活性化しました。そして最終的な成績も上がっていったのです。

管理職の中には、「最近、ウチの若い連中には、失敗を恐れず果敢に挑戦する姿勢がなくなった」などとこぼす人がいます。しかし、責任は若い社員にあるのでしょうか? もしかすると、結果ばかりに目を奪われ、プロセスを軽視する管理職の姿勢が、チームに停滞をもたらしたのかもしれませんよ。

プロセスに注目して育成に成功した好例

ある企業の新入社員研修で、男性の研修生が講師に対して「マジっすか!」という言葉を使ったそうです。当然のことですが、社会人の言葉遣いとしては失格。ところがその講師は、研修生を叱らなかったそうです。そして、なぜその言葉を使ったか聴きました。

すると、研修生にとって、「マジっすか!」という言葉も一種の敬語だということが分かりました。友人同士では「マジ?」とだけ話すが、相手は講師なので「ですか?」とていねいに表現した。しかし、いつもの口調が出てしまい、「っすか」と短縮してしまったというのが、彼の言い分でした。

講師はそれを聴き、「相手に対して敬意を払う気持ちは素晴らしい」とほめてから、「でも、言葉遣いとしては間違っているから、きちんと修正しなさい」と指導したそうです。ほめられるのは気分のいいことです。そこで研修生は、素直な気持ちで講師の指導を受け入れることができました。その結果、反省して言葉遣いを改善しようという意識が高まったと言います。

プロセスに注目してほめたことで、育成に成功した好例ではないでしょうか。

プロセスをほめることのメリット

作業着を着た上司が部下を褒める

プロセスをほめることには、他にもメリットがあります。

1つ目は、結果だけをほめる場合に比べ、ほめる回数が圧倒的に増えることです。その分だけ、部下個人や、チーム全体の雰囲気はよくなるでしょう。

2つ目は、ほめることを通じて部下に「気づき」を与えられることです。「ここはこういう風にしたから、うまくいったね」などと助言することで、上手に仕事を進めるためのノウハウを、自然に吸収させることができるでしょう。

3つ目は、果敢に挑戦する風土が醸成される点です。頑張った人が評価される。挑戦した人が称賛される。そういった風土こそが強い組織をつくっていくのです。

思い切りよくバットを振る打者は、数多くの三振をするでしょう。しかし、空振りをする中でいくつかの気づきを得て、いつか場外ホームランを打てるはずです。

一方、三振を恐れてバットを振らなければ、いつまでたっても見逃し三振ばかり。ヒットすら打てないのです。

POINT プロセスをほめ、部下が挑戦しやすい環境を用意する

 

次の記事はこちら
ほめてからフィードバックする
第5章 部下に「成長」したことを感じてもらう【5】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

管理職向け研修一覧

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK