研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第1章 部下との「スタンス」を見直す【5】感情的になった部下を受けとめる

感情的になった部下を受けとめる|第1章 部下との「スタンス」を見直す【5】

感情的になった部下を受けとめる

突然ですが、ここで問題です。

あなたは、ミスをした部下と面談をしています。すると突然、部下が「全責任は私にあると認めます。だから、もう面談は終わりにしましょう」と言い出しました。

話し合いを拒否

さて、あなたは

A・潔い態度をほめる
B・私はそうは思わないと伝えた後、自分の意見を述べる
C・休憩を取った後、もう少し話し合おうと提案する
D・コメントは避け、別の機会にもう一度話し合おうと提案する

のうち、どの行動を選びますか?

考えることは部下の心理状況

まず考えなければならないのが、部下の心理状況です。ビジネスの現場では、誰かが100%悪いという状況はまず起こりえません。それなのに「私が全部悪い」と言い張っているのは、部下が感情的になっているからでしょう。平たく言えば、やけになっているのです。おそらく部下は、自分が全て悪いなどとはかけらも思っていないでしょう。

ですから、Aの選択肢は論外。部下は「この上司は私の気持ちを全く分かってない」と判断し、ますます態度を硬化させてしまいます。

さて、B、C、Dは、どれも「部下の頭が冷えるまで待つ」という方法。
Bはごく短時間、Dはかなりの期間をクールダウンにあて、Cはその中間というところです。

実は、正解はC。Bのように、間髪入れずに逆の意見を述べると、部下の気持ちはヒートアップする一方です。逆にDでは時間を置きすぎ。ささくれた気持ちのまま何日も過ごすうちに、部下の反発心は固定化されてしまうでしょう。その点、少しだけ「間」を外すCが、一番効果的なのです。

上司の立場を利用してねじ伏せるのはNG

上司の力でねじ伏せるのはNG

感情的になった人を力でねじ伏せようとするのは、最も愚かな対処法です。

お互いの感情を真正面からぶつけ合えば、立場の強い上司の方が勝つに決まっています。上司は、部下に言うことを聞かせることができて、自己満足に浸れるかもしれません。しかし、部下は不満をため込み、上司の言うことなど聞かなくなってしまうでしょう。

それよりは、部下の感情をほんの少しだけ外してやる方がいいのです。例えば私は、部下とぶつかりそうになったとき、「ところで、俺はこれからコーヒーを買ってくるけど、ミルクいるか?」と聴くようにしています。一見すると、前後の脈絡のない会話です。

でも、もし「ミルク、お、お願いします……」と答えてくれれば私の勝ち。部下は怒りを忘れて普段の会話に戻ってくれます。また、部下の気持ちが収まらずに「いりません!」と返されても、そこでへこたれてはいけません。さらに「じゃ、俺が買ってくるからな」とたたみかければ、そこで大概の人はあきらめて「お願いします……」と受け入れます。

相手と正面からぶつかるのを避ける

ある研究によれば、怒りの感情が持続する時間はせいぜい数分程度だそうです。その間だけ時間を稼げれば、相手の気持ちも多少は和らぎます。ここで大切なのが、相手と正面からぶつかるのを避けること。相撲にたとえれば、正面からがっぷり四つに組むのではなく、相手をいなして力をそぐ方がいいのです。
あるいは、部下と話す際の立ち位置を変える手もあります。相手の正面に立ったり座ったりすると、どうしても意見がぶつかってしまいがちです。そこで、

相手の斜め横(90度の位置)に座ってみるのです。

すると、互いの意見がぶつからず、部下の気持ちに寄り添って意見を聴くことができます。
デートのときは、向かい合わせの席に座るより、横並びになる方が互いに親しくなれると言います。部下と感情的にぶつかりそうになったら、この方法を応用してもいいでしょう。

部下との関係がこじれた時は工夫が必要

部下との関係がうまくいっているときは、互いに素直な形でコミュニケーションをすればいいのです。
しかし、ひとたびこじれたときは工夫が必要です。変化球を投げたり、たまにはピッチャーマウンドを外したりして、「間」を取りましょう。そうしてリズムを変えれば、感情的になっていた部下も冷静さを取り戻せます。

POINT 部下の感情を感情で受けとめず、間を外す余裕を持つ

 

次の記事はこちら
部下のタイプを大雑把につかむ
第1章 部下との「スタンス」を見直す【6】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

目次
目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK