研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第1章 部下との「スタンス」を見直す【4】部下が自分に何を期待しているのか、把握する

部下が自分に何を期待しているのか、把握する|第1章 部下との「スタンス」を見直す【4】

部下が自分に何を期待しているのか、把握する

私がこの人材育成業界に入ったとき、「師匠」と呼べる存在がいました。その方には、実にさまざまなことを教えていただきました。

その方はものすごい売れっ子コンサルタントで、いつもどこかの企業に出向いて講師を務めていました。そのため、会社に戻ってくるのは1カ月に数回で、「あの人は今どこにいるのか?」と皆が冗談を言うほど、飛び回っていたのです。

ところが、たまに会社に顔を出すだけなのに、その方は部下たちの心をきちんと捕まえていました。その秘密は、その方の「話しかけ方」にあったと思います。

接点が少ない部下とも関係を構築できる秘密

ヒミツ

「今どんな仕事をしてるんだ?」
「なるほどなるほど。それで?」
「それで、俺に何を期待してる?」

その方が部下に投げかけるのは、たいてい、この3つの言葉でした。まずは「今どんな仕事をしてるんだ?」によって、部下が自分のことを話せる状況をつくります。そして、続く「なるほどなるほど、それで?」で、相手の話に興味を持っていることを示すのです。相手が自分に興味を持ってくれると、どんな人でもうれしいもの。部下たちは、自然と自分たちの状況を話していました。

こうして部下の現状を確認した後、決め手となるのが

「それで、俺に何を期待してる?」

という言葉でした。

経験を積んだビジネスパーソンでも上司の知恵や力を必要としている

部下たちも、それなりの経験を積んだビジネスパーソンです。入社して間もない若手でもない限り、かなりの仕事は自分たちの判断で進められます。おそらく、全体の7〜8割程度は独力でこなせるでしょう。
しかし、残りの2〜3割については、上司の知恵や力を借りたいと思っているものなのです。それをきちんと把握することが、リーダーには大切なのだと、私はその方から学びました。

もし、部下から「この上司についていきたい」と思ってもらえれば、指導の効果は飛躍的に高まります。
では、ついていきたくなる上司の条件とは何か。

ついていきたくなる上司の条件

それは、「部下の期待にしっかり応えられる人」ではないかと思うのです。

理想の上司とは?

普段は部下の自主性に任せる一方、大事なポイントで的確なアドバイスをしてくれる。そんな人が率いる部署なら、部下たちはのびのびと仕事に打ち込めるでしょう。

一方、普段からよく声をかけてくれるが、どこかピンぼけ。こちらがして欲しいことは一切してくれないという人では、部下もそっぽを向いてしまうでしょう。専門用語で言う「役割」と「役割行動」の不一致というやつです。

多くの人は、リーダーシップをリーダー固有のスキルだと考えています。しかし、実際はそうではありません。リーダーシップは、リーダーと部下の間にこそ存在するのです。上司がどんなに立派で優秀な人であっても、部下が「ついていきたい」と思わなければ、リーダーシップは発揮できないのです。
そこで大切なのは、最初に部下の期待をきちんと把握することです。

例えば、炎天下でのどが渇いている人に、パッサパサのバウムクーヘンを差し出しても喜ばれませんよね。そのバウムクーヘンがどんなに高級でおいしいものでも、相手が求めていなければ無意味。それより、水道水でいいから水を手渡す方が、ずっと喜ばれるでしょう。
それと同じで、

相手の期待をきちんと理解してから行動することが、何より大切なのです。

期待される役割と果たそうとする役割の一致

部下が上司に期待する役割と、上司が果たそうとする役割が一致しないのは、どちらにとっても不幸です。リーダーの皆さんにとって、「私に何を期待しているの?」と聴くのは、かなり勇気がいる行動かもしれません。しかし、これをはっきりさせることで、「肝心なときに頼れる上司」を目指せるのです。
勇気を持って部下に「私に何を期待してる?」と聴いてみる。答えがすぐに返ってくるかどうかは分かりません。でも、聴いてみることが大切なのです。

POINT 部下の期待に沿う行動をする

 

次の記事はこちら
感情的になった部下を受けとめる
第1章 部下との「スタンス」を見直す【5】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

目次
目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK