研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第1章 部下との「スタンス」を見直す【1】自分のことを部下に話す

自分のことを部下に話す|第1章 部下との「スタンス」を見直す【1】

自分のことを部下に話す

人は、見えないもの、分からないものに対して不安や恐れを感じます。
海に飛び込み、底に足がつかなかったときは怖いですよね。泳ぎが苦手な人は、パニックになってしまうかもしれません。ところが、透明で底までくっきりと見えるような海の場合は、どのくらい深いのかが分かるため、怖さが半減します。

お化け屋敷でも、似たようなことが起こります。例えば、全ての壁が透明なお化け屋敷があったとしましょう。来場者からは、どこでどんなお化けが待ち構えているのか丸見え。これでは、怖さなど感じられませんよね。お化け屋敷は、どこに仕掛けがあるか分からないから怖いのです。

人間関係にも、同じことが言えます。

わからないことは恐怖

わからないことは恐怖

何を考えているのか分からない上司は、部下からすれば不安であり、恐怖です。

よく、意識しないまま相手を怒らせることを「地雷を踏んでしまった」と表現しますよね。何をきっかけに怒りのスイッチが入るのか分からない上司は、まさに「地雷原」のようなもの。
あなたにも、「あの上司は、考え方が分からなくて不気味だよ」「どんなきっかけで機嫌が変わるかつかめないから怖い」などと感じた経験はありませんか?

部下から不信感を持たれるようでは、指導がうまくいくはずがありません。逆に、「私はこういう人間である」と伝えられれば、部下との関係性は劇的に改善されます。そこで、まずは自分自身がどんな人間なのかきちんと把握することが必要です。

自分がどういう人間かを伝える前にしておくこと

そのためにやっていただきたいのが、自分自身を振り返り、その姿を再認識する「自分の棚卸し」です。
ここで効果的なのが、「私は……」の後に続く言葉をできる限り挙げてみることです。20個くらい書き出してみれば、あなたの人となりが見えてくるでしょう。

ただし、いきなり「私はどんな人間だろう?」と考えてみても、なかなか答えは出ないものです。研修などで、最初にアイスブレイクとしてこのワークをしてもらうことがあるのですが、あまり浮かばないという人も珍しくありません。
その場合は、考えやすくするために次のポイントを伝えます。

1)私の好きなもの(こと)は〜だ。
2)私の嫌いなもの(こと)は〜だ。
3)私の強み(長所)は〜だ。
4)私の弱み(短所)は〜だ。

それぞれについて5つずつ挙げていけば、すぐに20個の回答が出揃うでしょう。
これでもまだ悩んでしまうという人は、近くにいる誰かと自分を比較してみてください。

例えば、「同期入社でのんびりしているあの人に比べると、私はせっかちだなあ」「上司のAさんは野球が好きだけど、私はサッカーの方が好みだ」などのように誰かを基準にして自分を振り返ると、自分の個性が浮かび上がってくるものです。

勇気を持って部下に自分のことをさらけ出す

自分のことを部下に話す

特に大事にして欲しいのが、自分の弱点を明確にすることです。

あまりに完璧すぎる人は、周囲から敬遠されがちです。適度に弱点を持っている人の方が、かえって人間的な魅力があると評価されるのです。ときにはあなたも、自分の弱みをさらけ出しましょう。そうすれば、部下から共感や親しみを抱いてもらうチャンスが生まれます。

自分自身を知る。そして、自らの人となりを発信する。それが、部下と良好な関係を築く第一歩です。
勇気を持って部下に自分のことをさらけ出しましょう。
部下は完璧なリーダーを求めているのではなく、人間味あるリーダーと一緒にやっていきたいと思っています。

POINT 強みも弱みも隠さずにさらけ出す

 

次の記事はこちら
自分と部下の価値観は異なることを理解する
第1章 部下との「スタンス」を見直す【2】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。固有名詞、名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことをご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

目次
目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK