研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【5】逃げない姿勢を見せる

逃げない姿勢を見せる|第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【5】

逃げない姿勢を見せる

私には、この業界で唯一頭の上がらない元上司がいます。

まだ研修コンサルタントとして駆け出しだった頃です。

 あるお客様に頼まれるがまま、過剰サービスをしてしまったことがありました。そのことで、元請けの会社から「言われたこと以外やるな」と叱責を受けたのです。

私はそのことを、当時勤めていた会社の女性社長に報告しました。するとその人は、元請けのところに一緒に謝りにいってくれたのです。

元請けの担当者には、ねちねちと文句を言われました。ところが私は、全く納得できませんでした。もともと、お客様のためになると思ってやったこと。また、実際に喜ばれもしましたし、元請けの会社に損をかけたわけでもありません。もちろん、違法なことをしたわけでもない。それなのに、どうしてここまで言われるのかと、内心納得がいかない思いでした。

そのうちに、その担当者の矛先は社長に向きました。私の上司として、監督責任があるだろうというのです。

そのとき彼女がしたことを、私は今も忘れません。その人は突然、

「私の指示でやらせました。全て私の責任です!」 と言って頭をさげたのです。

お辞儀する女性

実際は、私の一存でやったことでした。社長にしてみれば、その日の朝、私が報告してはじめて知ったことです。しかも、その元請けは、売り上げの7割を占めるほどの大切な相手でした。私一人の責任に押しつけてしまった方が、会社としてはきっと安全だったはずです。でも、彼女は一瞬の判断で、会社ではなく、私を守ってくれたのです。

社長と一緒に帰社する途中、私は地下鉄の座席に正座し、土下座しました。そのとき、彼女が私に向けてくれた笑顔と言葉は、今でもくっきり覚えています。

「今回はいい教訓になったでしょ。さあ、気持ちを切り替えてがんばっていこう」

このとき、この人には一生頭が上がらないと思いました。

私が会社を創設し、社長になったときに誓ったのは、「部下を絶対に守る」ということでした。私が当時の社長に守ってもらった恩は、部下を守ることで返す。そんな風に思ったのです。

会社員に「理想のリーダー像」を聴いてみると、4つの「くれる」が挙がります。

「話を聴いてくれる人」「ほめてくれる人」「育ててくれる人」そして「責任を取ってくれる人」です。

当時の社長は、まさに「責任を取る」リーダーでした。

部下は自分の代わりに、何もかも責任を取って欲しいと思っているわけではありません。責任から逃げず、部下のミスを「人ごと」ではなく「自分ごと」として捉えて欲しいのです。

問題やクレームから逃げない、問題が起こったら一緒になって対処する、一緒に謝りにいく、一緒に考える、このようなことが求められます。叱責してもいいのです。ただ、「部下を守る」という最後の一線だけは、絶対に守る。その姿勢が大切です。

ここで大事なことは、部下のミスや問題から逃げる上司は、その上の上司からの信頼も失うということです。

上司の上司だってバカじゃない。こいつは部下を見捨てたな、というのは分かってしまいます。

上司と部下を並べて叱責したときに、保身に走って、部下が勝手にやりました、と言うのは百害あって一利なしです。自分が処分されても、私がやらせました、彼には責任はありません、と部下を守る方が、部下は少なくともこの上司についていこうと思うし、上司の上司も信用できると思うはずです。

部下は、自分を見捨てるようなリーダーには、絶対についていきません。何があっても部下を守るという姿勢は、部下の信頼を得る上で何より大切なものです。

男性、胸に手をあてる

POINT 部下のミスは「自分ごと」として捉える

 

次の記事はこちら
公平な姿勢を見せる
第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる【6】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

目次
目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK