研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

第2章 部下と関わる「場・環境」をつくる【2】部下の話を5分聴く

部下の話を5分聴く|第2章 部下と関わる「場・環境」をつくる【2】

部下の話を5分聴く

管理職の中には、「忙しくて、部下と話をする時間がない」という人がいます。

もちろん、管理職は決してヒマな仕事ではありません。最近は、部下の管理・育成をこなしながら、現場での活躍を求められる「プレーイング・マネージャー」タイプの管理職が増えています。こうした立場の人は、たくさんの仕事を抱えて、てんてこ舞いの状況でしょう。

しかし、忙しさを言い訳にして部下とのふれ合いを拒むのは、私に言わせれば「管理職失格」です。

管理職は、自分の成果だけを追い求めればいいというわけではありません。部下の能力を高め、部門全体のパフォーマンスを上げることが必要。ですから、自分だけの仕事に集中するだけではいけないのです。

そこで管理職の皆さんには、「1日に最低5分は、部下の話を聴く時間を設ける」ことをおすすめします。

隙間時間

1日のスケジュールをつぶさに見てみると、「すき間時間」というものが案外あることに気づきます。会議がはじまる前の待機時間や、お昼休みが終わる直前の時間帯、たばこやトイレ休憩に立ったときなど……。こうした時間をやりくりすれば、5分くらいの時間はたやすく捻出できます。

研修などで、参加者に自己紹介をしてもらう機会があります。そんなとき、多くの人は「3分だと長いなあ」と感じるようです。一方、1分だと短くて語りきれません。ひとつのまとまったテーマで話をするには2分くらいがちょうどいいのです。つまり、5分あれば、3つの話題について話ができます。

例えば、部下と話をするときは、こんな順序で話題を振るといいかもしれません。

1.雑談。その日の天気や最近見た映画、部下と共通した趣味など
2.仕事の話題。現在抱えているプロジェクトの状況や、同僚との連係プレイがうまく進んでいるかなど
3.上司への要望。1章でも解説したように、上司にして欲しいこと、期待していることなどをさりげなく聴いてみる

ここで大事なのは3です。上司への要望の中には、愚痴や仕事への不満などが含まれるケースが多いもの。これをきちんと聴いてあげることは、管理職にとって大事な役割だと言えるでしょう。愚痴を聴いてもらえれば、それだけで部下の気持ちはラクになります。そして、前向きなエネルギーが湧いてくるものです。

このとき注意しなければならないことが、2つあります。

ひとつ目は、聴き役に徹すること。自分の話は1割くらいに抑え、部下に9割話してもらうといいでしょう。そして2つ目は、部下の意見を決して否定しないことです。

部下の中には、生意気な意見を言ったり、筋の通らない愚痴ばかりをこぼす人もいます。しかし、ここでカチンときて反論したら台無し!部下は、「この上司に愚痴を言うと、立場を笠に着てやり込められてしまう」と感じ、次からは心を閉ざしてしまいます。すると、信頼関係は築けなくなりますし、部下のモチベーションも下がってしまいます。否定も説教もしないと、肝に銘じておきましょう。

余談ですが、ある方からこんなエピソードを聴いたことがあります。

その方は社員のために、新たな施設をつくったそうです。ところが、あるとき誰もいない会長室に、「こんな施設をつくるくらいなら、給料を上げろ!」という落書きが残されていました。大抵の人は怒ったり、がっかりしたりするものですが、その経営者はそれを逆に自分への神の啓示と受け取り、これを踏み石に決意を固めるために、その落書きを額縁に入れ、会長室に飾らせたそうです。

額に飾られた落書き

カチンとくる意見をストレートにぶつけてくる部下は、ある意味、貴重な存在です。

その意見を参考にすれば、あなたは自分の行動をいい方向に変えられるでしょう。逆に、彼らを高圧的な態度でやり込めてしまったら、弱点を正すチャンスをみすみす失ってしまうわけです。

POINT  部下の愚痴や不満をしっかり聴く

 

次の記事はこちら
報告のタイミングを育成の場に変える
第2章 部下と関わる「場・環境」をつくる【3】

 

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

目次
目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK