研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

目標を達成し続けるリーダーの部下を育てる7つの基本

アーカイブ:

各章の説明 - 目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

各章の説明 – 目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本

「できる部下に変える方法」は7つありますが、ひとつの方法をひとつの章で解説しています。つまり、7章立てになっています。
そこで、本書をより有効に活用していただくため、まずは、それぞれの章の概要を説明します。興味を持ったところを中心にお読みください。

第1章 部下との「スタンス」を見直す

「できる部下」を育てるための第一歩は、相手との関係性を見直すことです。あたり前のことですが、部下育成をする上で、部下と私たちとの信頼関係は極めて重要です。部下がどのような個性を持っているのかを見極め、その関係性をゼロから築き直すことで、あなたの想いはずっと伝わりやすくなります。

第1章の目次はこちらから

第2章 部下と関わる「場・環境」をつくる

1対1の面談といった特別な機会を設けなくても、部下を指導するチャンスはたくさんあります。朝のあいさつ、仕事の報告、飲み会などでの何気ないやりとりを通じ、部下を成長させましょう。

第2章の目次はこちらから

第3章 部下に上司の「姿勢」を見せる

部下というのは、上司を実によく見ています。そこで、上司としての振る舞いを見直すことで、部下にいい影響を与えられるのです。この章では、部下に対してどんな姿勢を見せていくべきか、まとめました。

第3章の目次はこちらから

第4章 言葉にして「想い」を明確に伝える

「部下が思うように動かない」「優先順位が分かっていない」という愚痴をこぼすリーダーは少なくありません。しかし、それは部下にこちらの想いが伝わっていないからです。部下を指導するときは、具体的な言葉ではっきり伝えることを心がけましょう。

第4章の目次はこちらから

第5章 部下に「成長」したことを感じてもらう

スポーツでも勉強でも、上達を実感するのはうれしいものです。そして上達すると、もっとうまくなりたい、成長したいとパワーが湧き上がるものです。仕事でも同じ。部下に成長を実感させることで、前向きなエネルギーを引き出すことができます。

第5章の目次はこちらから

第6章 部下の「内省」を促す

ここでは、部下に教えていくティーチングから一歩進んで、部下に自分で考えさせ、行動を引き出していく「内省(リフレクション)」の方法を取り上げます。どんな引き出し方、投げかけをすれば部下に熟考・内省(リフレクション)を促せるのか理解しましょう。

第6章の目次はこちらから

第7章 部下の「可能性」を広げ、目標を達成させる

部下がある程度成長したら、今後は「自力で成長させる」ように導くことが必要です。そのためには、目標を自分で立てさせたり、達成に導いたりして、部下の視野と可能性を広げさせることが大切です。

次の記事はこちら
第1章 部下との「スタンス」を見直す【1】自分のことを部下に話す

この記事は、2014年発刊の大林伸安・著である書籍「目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」に変える7つのこと (アスカビジネス) 」を基に、メールマガジン「ノビテク通信」向けに再編集、配信した「目標達成し続けるリーダーの「部下」を育てる7つの基本」です。内容や名称、肩書きなどは当時のままとなっておりますことご了承ください。

著者:大林伸安(おおばやしのぶやす)

大林伸安

株式会社ノビテク 代表取締役
教育担当者支援マガジン NOBETECH MAGAZINE 発行人
英国国立ウェールズ大学大学院経営学修士(MBA) 、アクションラーニング学習コーチ。

教育研修事業、講演事業、情報発信事業など人材育成に関わる事業を展開する。日本一の規模の研修実施プロジェクトを講師側総責任者としてプロデュースし、完遂させた実績を持つ。競合会社の経営者が集う「研修業界経営者サミット」では、業界のリーダーたちと研修業界の未来を一緒に考える。

著書:
『仕事が楽しくなる!25のルール』 ダイヤモンド社
『目標達成し続けるリーダーの「できない部下」を「デキる部下」 に変える7つのこと』 明日香出版

大林伸安の講師プロフィール

管理職向け研修一覧

お問い合わせ

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
投稿by ノビテクBlog管理人
BACK