研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

EVENT & NEWS

イベント・ニュース
カテゴリー:
アーカイブ:
電卓があればエクセル不要?|お悩みQ&A

電卓があればエクセル不要?|お悩みQ&A

Q:エクセルの使い方がよくわかりません、電卓があればいいのでは?

会社でエクセルを使うみたいなのですが、いまいちよくわかりません。

電卓で十分じゃないですか?

A:たくさんの数字を記録しながら計算する時の「便利電卓」と考えて使い始めよう

電卓でいいのでは?というのも、すごくわかります。

お仕事の内容にもよりますが、会社の数字は、単体では終わらず、最後に集計して報告をすることが多々あります。
毎日の売上をまとめたり、期間内の平均売上を出したり、来店されたお客様の何人が購入された、など、集計して上司に報告する機会がありますので、そこで便利電卓=エクセルが活躍します。

手始めに、入力する時の基本から覚えていくと、使い始めるハードルがぐっと下がり、ちょっとした長めの計算が楽になることを実感できると思います。

電卓とエクセルの記号の違い

電卓と違うのは+、−、×、÷、の記号が、エクセルでは少しだけ違います。

電卓 エクセル 違い
+ + 同じ
同じ
× * 違う
÷ / 違う

 

これだけ覚えてもらえれば、簡単にちょっとした長い計算がすぐにできるようになりますよ。

式の入力の違い

今まで学校で習っていた計算式は

1+1=2

「=答え」が右に来ていることが多いですが、エクセルでは

=1+1

というふうに、先に「=」が左に来ます。答えがわからないけど、とりあえず計算したい数字を並べていく、と行った感じですね。

答えを出したい場所(セル)に、「=」を置いて、計算式を入力すれば、答えだけがセルに表示されます。

Aの列に、こういう風に入力すると↓

A B C
1 =2+2
2 =3+3
3 =4+4
4

 

↓と、答えが場所(セル)に表示されます。

A B C
1 4
2 6
3 8
4

計算式が消えたように見えますが、再び場所(セル)を触れば、計算式が表示されます。

計算の履歴を利用して、次の計算がしやすくなる

計算の履歴が残っているので、このあと、ここに出した答えに対して、再び計算をする時に参照しやすいです。Aの列に入力した答えに対して、掛け算をしてみました。

Bの列に、「A列の答え×2」「A列の答え×3」「A列の答え×4」を入力しました↓

A B C
1 4 =A1*2
2 6 =A2*3
3 8 =A3*4
4

 

これが、こうなります↓

A B C
1 4 8
2 6 18
3 8 32
4

 

「=A1*2って何?怖い」
怖がらなくても大丈夫です、A1は、場所(セル)を指定するための記号です。これは「セル参照」と言います。このセル参照によって、一番初めの答えが変わっても、あとで作った計算式が自動で更新されるので、入力間違いを直しながらの計算が楽になります。

セル参照の見方

A B C
1 A1 B1 C1
2 A2 B2 C2
3 A3 B3 C3
4 A4 B4

横にABCとアルファベットが並んでいますね。縦には1234と数字です。
ABCのところを「列」
1234のところを「行」
と呼びます。

縦にグループができるのが「列」。
横にグループができるのが「行」。

例えば、A列の1行目が「A1」です。
C列の3行目が「C3」です。

見方がわかれば単純ですね。意外に単純だ、ということが理解できたら、セル参照の謎の記号の意味がすっきりわかります。

まとめ

  • 電卓とエクセルは記号が違う。
  • 計算式は「=」を先に置く。
  • セルに答えを溜めていって、セル参照で次の計算を楽にする。
  • セル参照の見方は「列」と「行」を当てはめれば簡単!

こういった基本が理解できれば、エクセルの便利さを実感しやすくなると思います。ぜひ、トライしてみてください。
無料で使えるGoogle スプレッドシートも原理はほぼ同じです。

教育担当者さまへ


新人研修や、学び直しに、ぜひ、ノビテクの研修をご検討ください。

投稿by ノビテクBlog管理人
BACK