研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

財務研修
-ケース分析で財務諸表の繋がりを理解-

財務研修<br>-ケース分析で財務諸表の繋がりを理解-
研修No

Nbt-15100 財務研修
-ケース分析で財務諸表の繋がりを理解-

対象

中堅社員、管理職

日数

1日

研修のねらい

  • 数字の流れと財務諸表の繋がりを理解する。 
  • 企業の活動をお金の面から理解する。
  • 「数字(=お金)で記録された企業活動」=「財務諸表」の内容を理解する。
  • 日々の業務活動と数字の結びつきを理解する。

研修で期待できる効果

  • 架空のケースを用いて数字の流れと財務諸表の繋がりを理解する。
  • 事例からダイレクトに財務諸表に記載することで勘定科目の意味を実感できる。
  • B/S、P/L、C/Sを一体として理解出来る。

研修のカリキュラム

1.起業前
会社の数字の基礎知識
講義
「企業活動をお金の面から理解する」
  • -企業活動はお金を「集める」「使う」「増やす」の繰り返し
  • -企業活動のサイクル・・・1年、半年、四半期
  • -B/S、P/L、C/Sの表わすもの
2.第一四半期(4~6月)
~起業・開業準備~
ワーク
各月の活動をシートに記載
  • -会社設立、事業所開設、商品仕入など
講義
「資本金」「現金」「棚卸資産」などの勘定科目の意味
資産の変化とキャッシュの変化
3.第二四半期(7~9月)
~開業~
ワーク
各月の活動をシートに記載
  • -広告宣伝,商品販売,営業活動など
講義
「売上」「原価」「販管費」などの勘定科目の意味
損益項目の変化と資産項目の変化
4.第三四半期(10~12月)
~事業拡大~
ワーク
各月の活動をシートに記載
  • -取引先の拡大、掛取引の開始など
講義
発生主義により、損益項目とキャッシュフローに相違が出る
5.第四四半期(1~3月)
~翌年の準備~
ワーク
各月の活動をシートに記載
  • -借入の実施、新店舗開設など
講義
新たな事業活動に向けた投資活動
6.決算
まとめ
講義
まとめ
  • -全ての活動が数字に繋がっている
  • -売上・利益と現金の動きはズレある
  • -資金は「調達」「投資」「回収」までをセットで考える

研修の目的を一緒に考え、ご提案いたします。
オンライン研修の対応、資料請求等、お気軽にお問い合わせください。

TEL:03-5844-1144
受付時間 平日9:00~18:00
           研修一覧へ