研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

アダプティブリーダーシッププログラム公開講座<全3回>2019年11月

あらゆる課題を解決できる人材(アダプティブリーダー)を育成

ハーバード・ケネディスクールで人気のリーダーシップ講座。その講座の担当教授であるロナルド・A・ハイフェッツ教授が提唱するのが「アダプティブリーダーシップ」です。本公開講座では、ロナルド・A・ハイフェッツ教授の理論を用いたアダプティブリーダーシッププログラムとして、既成の手段では解決できない『“アダプティプな問題”解決のための具体的なリーダシップ』を学びます。

”アダプティブ”な問題 ⇒ 「適応を必要とする問題」

「既成の手段では解決できない問題」とは
組織あるいは地域社会のいたるところで実験的な取り組み、新たな発見、そしてそれに基づく行動の修正を繰り返さなければならない問題のこと。

この問題は、すでに私たちの周りにあふれています。その問題と対峙し、解決へと導くためには、リーダーシップが必要であることをハイフェッツ教授の理論が教えてくれます。

次のような方に最適です

  • 今までのやり方では通用しない問題が増えてきた
  • リーダーとして自分には何が必要なのか分からない
  • メンバーに対してどのようなリーダーシップを発揮するべきなのか
  • 抱えきれないほどの問題に対処する必要がある
  • 予測不可能な問題を解決できるスキルを身につけたい

公開講座ならではの環境

通常の研修と異なり、広く受講者を集める開かれた状態の公開講座ですので、業界や業種の異なる受講者同士での他流試合に臨むことができます。また、アダプティブリーダーシッププログラムでは、実際に受講者それぞれが自身の課題を持ってディスカッションを行うため、より実践的な解決を図るプロセスを経て、学びを深めます。

講師紹介

吉田和生

吉田和生

ロナルド・A・ハイフェッツ教授の教え子で、日本での普及を許諾された講師。

2014年ハーバードケネディスクール修了。日本テレビ放送網株式会社に在籍し、営業、編成、制作を経て経営企画部で(株)オールアバウト社との資本業務提携を担当。現在は対象会社に出向し、EC新規事業を行っている。制作部門では35歳、史上最年長ADからキャリアをスタート。1年後にプロデューサーとなり、2年間で約20の番組プロデュースをおこなう。

英語力はほぼゼロ(TOEFL CBT 75点、TOEIC換算では約300点)から留学準備をはじめ、業務と両立させながら、約10年の時間をかけて、留学を実現する。

2013年の受験では、ケネディスクールに加えて、スタンフォードビジネススクール、MITスローンビジネススクール、コロンビア公共政策大学院と、受験した大学院にすべて合格。さらに35歳以下が望ましいという規定を超えてフルブライト奨学生にも合格。

プログラム概要

  • 1.What is leadership? リーダーシップとは何か?
  • 2.リーダーシップ考察①(映画から考える)
  • 3.リーダーシップ考察②(様々なリーダーの事例から考える
  • 4.ケース分析
    -全受講者の実際の課題(ケース)について分析します。
    -22のリーダーシップの視点を身につけます。

注意事項

  • 最小催行人数10名。
  • 1社4名まで参加可能。
  • 受講に関しての詳細は、お申込み後に別途ご連絡いたします。
  • 進行により終了時間が若干遅くなる場合がございます。
  • 映画をご自身でレンタルして視聴いただく課題があります。

アダプティブリーダーシッププログラム公開講座<全3回>2019年11月

開催日時

2019年11月02日、11月23日、12月14日 
全3回、各回土曜9時~18時。
毎回課題があります。

場所

株式会社ノビテク セミナールーム
112-0002 東京都 文京区小石川2-1-12 小石川トーセイビル10階

定員

25名

参加費用

128,000円(税抜)

お支払い方法は、銀行振り込み・請求書払いがあります。 お申し込み後に別途ご連絡いたします。

申し込み期間

2019年10月15日(火) 定員になり次第締め切りとさせていただきます。