研修・講師のご依頼なら、人と組織の成長を支援する株式会社ノビテク

03-5844-1144

受付時間 平日 9:00~18:00

お問い合わせ

EVENT & NEWS

イベント・ニュース
カテゴリー:
アーカイブ:

新入社員の傾向と特徴を研修講師にアンケートした結果(2019年度)

新入社員の傾向と特徴を研修講師にアンケートした結果(2019年度)

新入社員の傾向と特徴について
ノビテクが研修講師にアンケートを取りました

ノビテクは2019年度も多くの新入社員研修を実施しました。担当の研修講師にアンケートを取ったところ、一定の傾向と特徴を抽出できる意見が寄せられました。講師から見た「 新入社員の傾向と特徴 」をご紹介します。

2019年度 新入社員研修の振り返り、来年度実施の際の参考になれば幸いです。

[ 目次 ]

  1. 新入社員の傾向と特徴 概要
  2. 新入社員の「強み」「弱み」解説
  3. 新入社員の「傾向・特徴」解説
  4. 新入社員への対応のご提案
  5. 次のステップ

 

新入社員の傾向と特徴 概要

アンケート回答結果を簡潔にまとめています。

  • 新入社員の傾向・特徴:
    「素直」「人前で話すこと(プレゼンテーション)に抵抗がない」「周囲の動きを見てから動き出す」「頭で考えすぎて行動に移すのに時間がかかる」「解答を教えてほしい」「より良い結果を出そうとする気概がない」
  • 新入社員の強み:
    「協調性」「規律性(ルール遵守)」「責任感」「傾聴力」「状況把握力」
  • 新入社員の弱み:
    「主体性」「考え抜く力」「発信力」「働きかけ力」「課題発見力」

新入社員の「強み」「弱み」解説

「社会人基礎力(http://www.meti.go.jp/policy/kisoryoku/)」
「職務遂行のための基本的能力(http://www.mhlw.go.jp/bunya/nouryoku/syokunou/)」にて掲げている項目を参考に20項目準備し、新入社員研修を担当した講師に強みと弱みをそれぞれ5つずつ回答いただきました。

「強み」では、2017年から3年連続で「協調性」「規律性」が上位に挙がりました。続く「責任感」「傾聴力」「状況把握力」について、昨年度(2018年度)はありませんでしたが、2017年度に「責任感」「傾聴力」が強みとして挙がっています。

「弱み」では、「主体性」「考え抜く力」「発信力」が上位に挙がり、「働きかけ力」「課題発見力」が続きます。「主体性」「働きかけ力」は、2017年から3年連続で上位に挙がっており、2017年度に上位項目であった「発信力」「考え抜く力」が、今年度も上位に挙がりました。

新入社員の「傾向・特徴」解説

自由回答で、新入社員の傾向・特徴を挙げていただきました。

2017年度、2018年度の新入社員と大きな違いは見られず、一人ひとりの個性が見えにくくなっていることも変わりません。 また、「人生全般を網羅するような成長力(How to live)のような話にはあまり関心を示さないが、直近の配属先での対処方法については前のめりで聴く」という 意見もあり、「すぐに役立つことへの解答を知りたい」という気持ちが強いことがうかがえます。

新入社員への研修方法として「経験学習(まずはやってみて、それから必要な知識・スキルを学ぶ)」を推奨する声を多くいただいていますが、新入社員は「教えてくれればきちんとやります=教えてくれないことへの不満」といった傾向・特徴も見え隠れしています。

新入社員への対応のご提案

2018年度と同様に、次のことをご提案いたします。

まずは、新入社員と話ができるための関係性を築くことをお勧めします。
そのためには、新入社員の話を新入社員の気持ちになって聴くことから始まります。新入社員は、自分の話を聴いてくれる上司の話を聴こうとします。この関係ができて初めて、自分の意図が相手に伝わります。

また、業務を指示する際にはその目的を伝えることから始めると、新入社員の理解も高まります。新入社員が仕事に慣れるまでは「聴く」「伝える」を丁寧に行いましょう。 新入社員は学んだことを素直に吸収し実践しようとしています。

一方で、指示以上のことや解答がないことへの取り組みには躊躇するようです。
新入社員の指導において、彼らが優秀であればあるほど指示以上の成果を求めがちになってしまいますが、まずはできていることをしっかり承認して自信を持たせることを意識して接してはいかがでしょうか。 新入社員のひとり一人の特性を理解し、早く職場に慣れて、力を発揮してもらえるような関わりを心掛けましょう。

以上がアンケート結果です。

新入社員の次のステップ

ノビテクでは研修講師の意見から得られた、新入社員の傾向と特徴を参考に、新入社員向け研修のカリキュラムをご用意しております。

また、「鉄は熱いうちに打て」という格言にもありますように、新入社員が自信をもって2年目に上がるための新入社員フォローアップ研修も承っております。これまでの仕事経験から身につけてきたビジネススキルを定着させ、同期同士でお互いの成長を認め、さらなる自立を促すための、自信につなげる機会としてご活用ください。

ノビテクの新入社員研修・新入社員フォローアップ研修へのお問い合わせ
電話:03-5844-1144(平日9:00~18:00)
メール:お問い合わせはこちら(24時間受付)

投稿by ノビテクBlog管理人
BACK