facilitator

やれる気講師

'やれる気'を醸成し'行動'を促します

講師紹介

盛 洋子

ノビテクの『やれる気講師』の盛 洋子講師を紹介します!


盛 洋子


プロフィール
大手人材紹介・教育関連会社に入社後、教育本部を経て開発企画部のトレーニングコーディネータとして活躍する。その後、研修講師として独立し、オレンヂファームを設立する。コミュニケーション能力開発を初めとして、ビジネスマナー研修など多くを手がける。




『どうしたら出来る?』が生むもの


「せっかく何年も学校に行ったのだから、自分の力を試してみたら・・・」 
私の仕事人生は、母のこの一言から始まりました。

実は大学時代には、「仕事を通して何かを成し遂げたい!」との意思とはかけ離れた生活をしていました。でも、この一言で私の中で何かが大きく変わりました。「人生は一生勉強だ!社会人になってからが本当の勉強だ」と言い続けていた父の影響もあり、教育関連の会社に入社しました。

27歳で会社を辞め楽しい修業の後、1997年にオレンヂファームを設立し11年たちました。
普通の私がここまでオレンヂファームを続けてこられたのは二つの理由が在ると考えています。
一つは、周囲の人に恵まれたこと。
もう一つは、仕事を断らない!と決めて、ほとんどの場合その信念に従ってきたことです。


30歳になった頃のことです。
「盛さん、サラリーマンには『だからダメだ族と、どうしたらできる族』がいるんだよ。困難の場面で、『どうしたらできる族』は、人生を楽しめるんだ」
と話してくださり、ご自分の著書に「雨の夜にも天には星」とサインをして渡してくださいました。

またある時電車の中で、「盛さんは、このコースのインストラクターに興味がある?」と聞かれました。
アメリカに本部のある世界的有名なリーダーシップコースのインストラクターです。
私が知っているそのライセンスを持っている人は、大企業の経営者や管理職、40代後半から70代の男性ばかりでした。
「いつかチャンスがあったら、挑戦したいと考えています」と答えると、
即座に「いつかやりたいと思っているのなら、今年やりましょう」と笑顔でおっしゃいました。


このお二人との出会いは、「仕事を断らない!」という信念と、「やる気になればたいていの事はできる」の熱意が生まれるきっかけになりました。

新人だからできない、女性の前例が無い、まだ若いから、権限が無いから、時間が取れるかしら・・・ 知らないうちに諦める理由ややらなくていい理由が頭に浮かぶものです。でも、やりたい気持ちがあるのなら、楽しい人生を歩みたいのなら、「どうしたらできる?」を考えたほうがずっと充実した時間と笑顔を手に入れることができると私は信じ、そう過ごしてきました。


一方様々な言葉で働きかけても、なかなか一歩が出せない人もいます。
また、研修でやる気になっても、じつは実践していない人も多くいることに気づきました。
そこで考えました。一歩目が出れば、二歩目は出しやすい。
緊張や抵抗が強いのは最初の一歩であることが多い、
それなら、研修中に最初の一歩を終えてしまえばよい、そう考えました。

私の研修は、ある程度説明したら、「やってみましょう!」とロールプレイングで体験し、「これを行った結果あなたのメリットは何ですか?」、「いつ、どこで誰に対して実践しますか?」とイメージを膨らませてもらいます。

つまり、最初の一歩は研修中に踏み出しているので、職場に戻って実践するときは2歩目であり、一度できたことですから次はもっと楽しくできると感じてもらいたいのです。
 

最後に、私が長年続けていることをご紹介します。
朝目が覚めたら、ベッドから起き上がる前に
「あぁ、今日も仕事が出来て、嬉しい!」と伸びをしながら笑顔で一言。
素敵な一日が始まりますよ・・・。


人材育成、社員教育、研修、ビジネスゲーム、しごとっちのノビテク