facilitator

やれる気講師

'やれる気'を醸成し'行動'を促します

講師紹介

江尻 みどり

ノビテクの『やれる気講師』の江尻 みどり講師を紹介します!


江尻 みどり

プロフィール
自らの営業や経営者としての経験を基に、「多くの人と関わる」「人は人によって磨かれる」をコンセプトに、各種階層別教育(新人から管理職)、管理職向け女性活用研修、女性社員研修、接客研修、販売研修、組織活性化コンサルティング、などを手がける。


自己啓発~組織と個人の自己啓発~

組織の自己啓発とも言われるのが、女性活用プロジェクトです。

働くことに男女の差はありません。
けれども「活用」というキーワードで考えた時には、男女の差は存在しています。

まず女性と男性では能力を発揮させるための動機付けに要する時間に差があります。
男性には手本となるローモデルが社内にたくさんいますので、まずはその手本を目指して、
四の五の言わずに動けという動機付けが出来ます。

しかし女性は元々組織内で人数が少ない、
または人数はいてもローモデルがいない場合が多くあります。

そうするとまずは、当組織での働き方は何か?
そのために何を今することが必要なのか?

そこからはっきりさせなくてはなりません。
これが難しい作業であり、この時点で組織も女性社員も立ち止まってしまいがちです。
つまりエンジンが温まるのに、男女の差が出てくるのです。

女性活用を考える際には、この時間差を十分理解しないと、
女性だからダメだ等という勘違いが起こります。
また女性の活用を考える時、やはり組織としての受け皿がとても重要な意味を持ちます。
受け皿が組織に存在しないと、女性の活用は進みにくいものです。
男女の差はありませんが、活用のために用意するフィールド整備には時間がかかります。

しかし、そのフィールドを作れる組織は高い能力を持っている組織です。
つまり女性活用が可能な組織は、実は男性の活用にも力を持っている組織だと言えるのです。


次に個人の自己啓発について考えてみます。

私達は日々の生活の中で、様々なものに「慣れ」てきます。
例えば入社当時は電話にきちんと対応できたということぐらいで、とても嬉しかったことはありませんか?

でも今は出来て当たり前ですから、感激や嬉しいという気持ちは感じなくなっています。
また仕事も順調に進んでいると、新たな工夫をしようという気持ちは浮かんできません。
そうなると、段々私たちの感性は固まってきます。


この固まった感性を解きほぐすのが、自己啓発だと私は考えています。

その手段はたくさんありますが、大事なことは、自分は固まっていないか?
と自分自身に問いかけることです。固まるとこんな症状が出できます。


1 :仕事に飽きる
2 :意識しなくても仕事が片付けられる
3 :何となくつまらない
4 :無意識に楽な方を選択する
5 :いつも殆ど同じ人と話しをする
6 :話す内容がいつも一緒
7 :感激しなくなった
8 :新しいことを始めるのが億劫に感じる
9 :人の話を聴かなくなった
10:まぁ、いいかと頻繁に思う


もしこの様な状況が一つでもあれば、私たちの感性は確実に固まっています。
まずそのことを自覚して下さい。


そして次は自分の中に潜ることです。つまり意識を自分の内側に深く向けることです。
その時に自分自身に投げかける言葉があります。


1 :自分は何処に行きたいのか?
2 :自分は何になりたいのか?
3 :自分は何をしたいのか?
4 :自分にとって一番必要な物は何か?
5 :自分は何をしている時が一番楽しいのか?


勿論一度の問いかけでは答えは出ません。繰り返し自分自身と問答するのです。

これが自己啓発です。

自己啓発は習うとか、学ぶとか、資格を取るとかではありません。
立ち止まって自分の人生を考えることです。

一度しか無い、今この時を自分は真剣に生きているか、
愛しい自分を大事にしているか、それを振り返ることです。

時には立ち止まって自分を考えることもしてみて下さい。


人材育成、社員教育、研修、ビジネスゲーム、しごとっちのノビテク