nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

今日のノビテク today

2009.10.15

講師に聞くQ&A Q:内定者にオススメの本は、なにかありますか?

10月といえば、内定式も実施され、社会人としての一歩を踏み出した方が多いことと存じます。
この時期にはノビテクでは、内定者をはじめ、人事のご担当者様に
「内定者にオススメの本はありますか?」と聞かれることが増えてまいります。

教材でしたら、ノビテクでもお取り扱いしている、
ダイヤモンド社 フレッシャーズコースがオススメです。
(知識、心構えなど、社会人としての下地をつくることができます。)

一般の書籍であれば、下記の書籍をおすすめいたします。
ぜひ、参考になさってくださいね。


A:
小倉昌男『経営学』(日経BP社)
 書に込められたメッセージは非常に解りやすくて読みやすいです。  ヤマト運輸の元社長である小倉さんが書き下ろした、経営のケーススタディーです。

スティーブン・R・コヴィー『7つの習慣―成功には原則があった! 』(キングベアー出版)
 流し読むのではなく、じっくりと腰を据えてここから学び取りたいと感じる一冊です。
 また、読み終えたときには、どの章にも付箋や手書きの注釈が数多く残されていることになるはずです。

渡辺 健介 『世界一やさしい問題解決の授業―自分で考え、行動する力が身につく』(ダイヤモンド社)
 世界的な経営コンサルティング会社で使われている「問題解決能力」のトレーニングを、
 学生向けに簡単にブレイクダウンしたものです。
 世の中を生き抜く本物の思考力が身につくこと請け合いです。

大林 伸安『仕事が楽しくなる!25のルール』(ダイヤモンド社)
 新卒学生に入社後にいちばん望むことは何かと聞くと、
「楽しく仕事ができること」という回答がトップである。
それにもかかわらず、仕事を楽しむことができず、早期離職してしまう若者は少なくない。
どうすれば仕事が楽しくできるのか。
『仕事』を楽しくするための方法がわかる一冊です!

人材育成、社員教育、研修、教育のノビテク

投稿by ノビテクBlog管理人