nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

今日のノビテク today

2008.07.22

ご一緒研修

こんにちは。
講師の早川優子です。

ノビテクでイチオシの研修に「ご一緒研修」というものがあります。
誰と誰がご一緒かというと、OJTトレーナーとトレーニーです。

先日もある会社でこの研修を行いました。
途中トレーナークラスとトレーニークラスに分かれるので
講師の私たちも二人一組、ご一緒なんです。(しかも大林社長と)

今日この場からOJTをスタートさせてしまおうというのが狙いです。

この会社はトレーナーといっても2年目の先輩が中心で、
ついこの前まで新人だった人たちでした。
2年目になり、後輩が入ってきて、急に育成指導をしろといわれても、戸惑うことも多いでしょう。
でも研修中の二人(トレーナーとトレーニー)の様子を見ていると、お互いに本当にうれしそうでした。
先輩は少し背伸びして、誇らしげに後輩を指導し、
後輩は素直にうれしそうにうなずきながら話を聴いていました。
最後の後輩の感想でも、「先輩といっぱいしゃべれて楽しかった」「今日はうれしかった」「がむしゃらに頑張りますから宜しくお願いします」などと、前向きな意見ばかりでした。


そんな二人の様子を微笑ましく見ていて思いだしたのが、
私の新人の頃。
私が研修を終え、部署に配属された初日の出来事です。
たぶん、今までの長いビジネス人生の中で最も心に残っているシーンのひとつです。
私のトレーナーは1つ年上の女の先輩でした。
当時は相当お姉さんに思えたけれど、今思えば1年しか違わなかったんですね。
その先輩が、配属初日に私を各部署に連れてまわってくれ、
1時間以上もかけていろんな人に紹介してくれました。
各フロアーにいる取締役の偉い人から、郵務や警備のおじさんまで。
私が今後会社で顔を合わせるであろう人たちほぼ全員です。

その先輩が、とてもうれしそうに、そして本当に大切に私を扱ってくれました。
「今年うちに来た新人です。困っていたらどうぞ助けてあげて下さい。」
「一生懸命、大切に育てたいので、どうぞよろしく!」
と、一人一人に頭を下げてくれました。
心から私を歓迎し、スペシャルな存在として大切に大切に扱ってくれたその姿が、
涙出るほど私はうれしかった。
それまでの不安な気持ちも一気にかき消されました。
「私は望まれてこの部署に来たんだなぁ」
「その期待に応えられるように精一杯頑張ろう!」と心から思いました。

もちろん、その先輩と社内の人との関係性にもビックリしました。
2年目にして取締役のような年配の偉い人とも冗談など交えながらフランクに話し、
郵務や警備員さんなど一見希薄な関係になりがちな人とも仲良しで、
その堂々とした様子に、「スゴイ!」と尊敬の眼差しを向けました。
こんなにすばらしい人の下で働けるなんてうれしいし、安心だと思いました。
私も来年にはあんなふうになれるのだろうか?とワクワクしました。
今の私があるのも、その先輩のお陰だとすら思っています。

部下は期待されれば期待されたとおりの人になろうと思うし、
大切にされればそれに応えようとがんばります。

今でもその日の様子や感動が鮮明によみがえってきます。
その日のワクワクドキドキ感はいつまでも忘れられません。

投稿by ノビテクBlog管理人