nobetech Next Organizational Behavior

ブログトップへ戻る

アーカイブ

nobetech blog

ノビテクブログ

ノビテクカフェ cafe

2007.12.05

白石康次郎さんの講演会

海洋冒険家 白石康次郎氏
11月29日にノビテク倶楽部スペシャルで、海洋冒険家の白石康次郎さんの講演がありました。
白石さんはヨットに乗って、3回もの世界一周を成し遂げた方です。
まさに命がけのチャレンジをした方の言葉には、一つひとつに重みがありました。
生い立ちや子供の頃の夢から始まって、師匠との出会い、苦労続きの下積み時代、20年以上かけて実現した大きな夢など、笑いあり、涙ありのとてもよい講演でした。

白石さんの話を聴いて、私が感じたのは、
古きよき人間関係、特に縦のつながり、絆の強さです。
破天荒な師匠の下で、時には理不尽な扱いを受けても、トコトン師匠を愛し、信頼し、尊敬し続けました。そして師匠が志半ばで亡くなったあとは、その意志を受け継いで、師匠のヨットをリメイクして、世界に飛び出します。「何が何でも俺が世界一周を成し遂げるんだ!」と強く誓い、2度の失敗を経て見事成功しました。感無量だったことでしょう。

白石さんは、航海中のヨットの中でも、お正月やクリスマスなどのイベントを楽しむそうですが、それはとことんヨットを楽しんでいた師匠を見て育ったからだったのですね。
現在は子どもたちへの指導教育にも携わっているそうです。ヨットは命がけのスポーツです。「体罰には反対だけれども、確実に相手に伝わるまで、そこまで責任もって体で覚えさせるんだ」とおっしゃっていました。

白石さんの講演を聴いて、すがすがしい爽やかな気持ちになり、帰りはちょっぴりいつもより胸を張って帰りたい気分でした。

以下、参加者の方から頂いた感想です。

「先日の白石様の講演会、非常に影響を受けました。
心で感じて、腹で決める。
決断とは決めて、断ち切ること。
など、スポーツの世界にも共通する言葉と、迫力ある映像、白石様のトークに熱くなりました。このような素晴らしい企画にご招待頂き、ありがとうございました。」

「昨夜は、貴重な機会を頂戴し、ありがとうございました。白石氏の次のお言葉に感じるものがありました。
1.教えない罪(言いっ放しでは自己満足、認識させることが必要)
2.気の弱い人は叱らない(隣を叱るだけで十分。精神筋肉)
3.どんな苦境も楽しむ(昔のことは言わず、~したい、と新しいことへ)
4.心を透明にして、中心に置く(頭を使わず、心で感じて腹に決める)
5.世界1周したのは僕だけど、できるようにしてくれたのは僕ではない
6.行動には、やるかやらないかのいずれかしかない
7.人間はイメージできたもの/ことはできる
あの後も、白石さんの講演のネタで盛り上がりました。」
ノビテク倶楽部スペシャル 集合写真

投稿by ノビテクBlog管理人